ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デート中のピンチ!どうやって切り抜けた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まさかのときに突然訪れるピンチ!彼とのうきうきデートのときも例外ではありません。セキララ★ゼクシィの調査では、20~30代女性のなんと54%の人が「デート中のピンチ」を経験したことがあるそうです。いったい皆さんはどんなピンチをどうやって切り抜けたのでしょうか。ぜひ参考にしたいキュートなテクニックとともにご紹介します!

【画像や図表を見る】

<なんとか誤魔化せた…>
●「ドライブ中、突然の尿意が!でも高速道路を走っていたので、とりあえずうそをついて寝たフリをしたり、何も考えず無心になって1時間以上我慢しました」(26歳)
●「彼の誕生日に、プレゼントを家に忘れた。デートの途中で1時間くらい別行動をして、別の物を見つけて、それをバレないように買いました」(29歳)
●「後ろにスリットがあるタイトなワンピースを着てのデート中、滑って転んでしまい、スリットがお尻の上まで裂けてしまった!後ろなので、相手に見えないようにバックで隠し、トイレに行くフリしてコンビニで裁縫道具を買い、トイレでワンピースを脱いで縫った」(31歳)

<よりによって!>
●「靴下の穴が開いていた。親指の辺りが開いてたので、左右逆に履き替えて、なんとかバレないようにした」(30歳)
●「彼を実家の犬の名前で呼んでしまった。実家の犬とかわいいところが似てるよねー…とごまかした」(24歳)
●「手作りしたお弁当にごみが交じっていた。ごまかして捨てた」(27歳)

<なんとかセーフ!>
●「ドライブ中に山頂付近で突然車が動かなくなってJAFを呼んだ。JAFを待っている間に、後ろから来た車に乗っていたカップルの男性がたまたま車のディーラーさんで、車を修理してくれた」(35歳)
●「妹からの誘いを『その日は仕事だ』と断って、彼とディズニーシーに行ったら、妹とばったり。彼氏を盾にして通り過ぎ、切り抜けた」(28歳)
●「彼の家の前に路上駐車をしていたら、警察に取り締まられそうになった。彼の家から帰ろうと出た時に、ちょうど警察が車を見ていた時だったのでセーフ。『あと1分遅かったら、ダメだったよ』と警察に言われました」(29歳)

皆さん、いろいろなピンチを体験していらっしゃいますね。ヒヤヒヤしながらも、とっさの判断で乗り越えている皆さんの姿がありありと目に浮かびました(笑)。

その他にも「急におなかが痛くなった」など体調の変化については、「2時間ほどベンチに横になって休んだ。その間、彼の膝枕で」(27歳)という、結果オーライのすてきなコメントもいただきました。ピンチで彼の優しさに気付くこともある、そんな調査結果となりました。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

デート中のピンチ!どうやって切り抜けた?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
男女の恋愛休止期間どっちが長い?
真央休養宣言に「恋愛して」の声
酔うと異性の魅力が高まる心理現象
「恋愛より仕事が大事」の本音は?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP