体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【小ネタ】マイクロソフトの検索サイトで「Bing死ね」と検索すると『Google死ね』と反撃される!

Bing死ねと検索

マイクロソフトの検索エンジン及び検索サービス『Bing(ビング)』にて面白い現象が起きたので紹介したい。『Bing』はマイクロソフトが誇る検索サービス、そんな『Bing』にて「Bing死ね」と検索するとどうなるのか? 結果は……

「Google死ね」と反撃されるのだ。1件目に出てくる検索結果がアルファルファモザイクで見出しが「Google死ね?」というもの。何故こんな検索結果になるのだろうか。何かしらのフィルタリングが掛かっているのだろうか。ためしに「Google死ね」でも検索してみると「2chねらーは死ね」という結果が表示された。

Google死ねと検索

ちなみにこの結果は『Google』でも同じだった(今は最上位には出てこない)。一昔前は『Google』にて「Google死ね」と検索すると「2chねらーは死ね」と反撃されると話題になった。

『Bing』にて最上位に「Google死ね」が出てくるのも、そのときのページビューが関係しているのでは無いかと思われる。と、こんだけの小ネタなのだが昼休みに友達に話すと「マジ?それ面白いな!」くらいは言って貰えると思うぞ。

「Bing死ね」の検索結果(Bing)

■最近の注目記事
AKB48の神オタが紹介! 2000万円使うファン、同じCDを700枚購入、あげくに女性になったファンまで!
ファミコンの『麻雀』をクラリネットで演奏した動画がシュール過ぎて面白い 笑える人はオッサン確定!
ニーアゲシュタルト&レプリカントのサントラがアマゾンで高評価! 中身は保証付きだった
『いっき おんらいん』の全貌が明らかに! ボイスチャット対応で家に居ながら「うおー! 一揆だ!」と叫ぶ人続出か
ポーランドにあるセクシーすぎる床屋さんが凄い! 下着姿でチョキチョキしてくれるよ

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。