ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外に安い人もいます マドンナ、ビーバーら、大物アーティストのギャラリストが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日のカニエ・ウェストとキム・カーダシアンの結婚パーティーでは、ラナ・デル・レイやジョン・レジェンドがパフォーマンスを披露したそうだが、もし我々のような一般人が大物アーティストを呼ぶとしたら、一体どれくらいのギャラをご用意する必要があるのだろうか?

<priceonomics.com>では、誕生日や大事な記念日などにちょっと奮発すれば呼べるレベルから、宝くじにでも当たらないかぎり難しそうなレベルまで、多くのアーティストを紹介している。

“宝くじレベル”の10万ドル(約1,000万円)以上のアーティストには、ブラック・アイド・ピーズ(40~50万ドル以上)の名が。50万ドル(約5,000万円)以上はブリトニー・スピアーズ、フー・ファイターズ、グリーン・デイ、ケイティ・ペリーなどで、50~75万ドル(約5,000~7,500万円)以上はマムフォード&サンズ、ノー・ダウト、リアーナら。アデルやコールドプレイ、レディー・ガガを呼ぶには、75万ドル(約7,500万円)以上かかるそうだ。

さらにボン・ジョヴィ、ブルース・スプリングスティーン、ジャスティン・ビーバー、ジャスティン・ティンバーレイク、マドンナ、テイラー・スウィフトには100万ドル(約1億円)以上が必要。ちなみにカニエ&キムの結婚式に呼ばれたジョン・レジェンドは15~20万ドル(約1,500~2,000万円)以上で、カニエ自身はピンクやラスカル・フラッツ、マルーン5同様、40~60万ドル(約4,000~6,000万円)とのこと。また、昨年シングル「Blurred Lines」で大ブレイクしたロビン・シックや「Royals」で知られるグラミー賞受賞者のロードは10~15万ドル(約1,000~1,500万円)以上、世界中で大人気のワン・ダイレクションは15~20万ドル(約1,500~2,000万円)以上だが、今後の人気次第では跳ね上がる可能性もある。

続いて、日本円にすると数百万円クラスのアーティストたち。前出のラナ・デル・レイは7万5,000ドル(約750万円)以上、さらに7万5,000ドル~10万ドル(約750~1,000万円)だと、アークティック・モンキーズやBBキング、ゴティエ、ナズらのパフォーマンスを観ることができる。ちなみにカーリー・レイ・ジェプセンは9万~12万5,000ドルだが、それに比べてグラミー賞の常連ノラ・ジョーンズが5万~7万5,000ドル(約500~750万円)というのは意外かもしれない。

また、ビヨンセやジェイZの金額は紹介されていなかったが、彼女の妹・ソランジュは1~2万ドル(100~200万円)から呼べるらしい。なお、マイリー・サイラスやアヴリル・ラヴィーンの額も不明だ(アヴリルの夫チャドのバンド、ニッケルバックは35~50万ドル(3,500~5,000万円)クラス)。

ただし、これらのギャラはどれも仲介業者を介した場合の額なので、直接交渉すればもっと安くなるかもしれない。なかなか来日しないアーティストなどは、(可能であるならば)個人で招聘してしまうのもひとつの手だ。

【参照リンク】
・How Much Does It Cost to Book Your Favorite Band?
http://priceonomics.com/how-much-does-it-cost-to-book-your-favorite-band/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP