ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab Sで指紋リーダーの搭載が確認される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Super AMOLEDディスプレイを搭載する「Galaxy Tab S」に、指紋リーダーが搭載されていることが確認されました。この機能の存在は、今朝流出した「SM-T800(Galaxy Tab S 10.5インチモデル)」の公式ファームウェアに含まれていたリソース画像より明らかになりました。1枚目の画像によると、Galaxy Tab Sの指紋リーダーはGalaxy S 5と同様にホームボタンに内蔵されており、スワイプすると指紋を登録したり、指紋認証を行なうことができるようになっています。ということは、Galaxy Tab Sにも指紋認証に関連した機能が備わっていると考えられます(ロック解除、PayPal認証、コンテンツ非表示など)。また、「Ultra Power Saving Mode」という節電機能も確認されました。これも、最低限必要なアプリしか起動できないホーム画面を提供するというもので、Galaxy S 5にも搭載されています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Googleマップがv8.1.0にアップデート、「地形」レイヤーが復活
ASUS、香港で新型Fonepad 7(FE170CG)を発表、価格は日本円で1万円台後半
Google、Android Wearにおける通知のデモ画像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。