ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、デジタルヘルスケア分野のウェアラブルデバイス開発キット「SimBand」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが、デジタルヘルスケア分野における新たな取り組みとして、オープンなハードウェア・ソフトウェアプラットフォームを提供する「Samsung Digital Health Initiative」をローンチしました。Samsungはこの取り組みの中では、「SimBand」と呼ばれる開発者向けの腕時計型デバイスと「Samsung Architecture Multimodal Interactions (SAMI) 」というクラウドサービスの提供を発表しました。「SimBand」は商用製品ではありません。Samsungが普及させようとしている新しいヘルスケアサービスにおける開発者向けリファレンスデバイスの第1弾として提供されます。端末自体はGear 2のような腕時計型デバイスで、時計やバンドの内部に様々なセンサーが内蔵されており、歩数などの動きだけではなく、血中酸素濃度、血中CO2レベル、心拍数、ハイドレーションレベル、皮膚温度、ガルバニック皮膚反応も測定できるとされています。従来のアクティビティトラッカーよりも医療分野に近い製品ですね。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Androidデバイスマネージャーがv1.2.12にアップデート、友人のAndroid端末に一時的にログインできるゲスト機能が追加
システム・クリエイト、フジテレビ「逃走中」の公式ゲームアプリを配信開始
センチュリー、USB 3.0対応のGalaxy S 5用デスクトップクレードル「Easy!クレードル for Galaxy S 5(KiDiGi製)」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP