ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google純正カメラアプリ「Googleカメラ」がv2.2.024にアップデート、16:9比率やタイマー撮影をサポート、パノラマ撮影にも新モードが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

背景のぼけた写真を撮影できる“レンズぼかし”機能が好評のGoogle純正カメラアプリ「Googleカメラ」がv2.2.024にアップデートされました。今回は機能追加のアップデートとなっています。まずは、これまで静止画は4:3の比率でしか撮影できなかったのが、アップデートでデジカメ・スマートフォンでは定番の16:9でも撮影できるようになりました。設定メニューのサイズ画面でこの比率を選択できます。次に、タイマー撮影機能が追加され、シャッターボタンを押して3秒/10秒後に撮影されるようにすることもできるようになりました。最後に、パノラマ撮影モードに、「フィッシュアイ」と「ワイドアングル」という新しい撮影モードが追加され、合計4通りのパノラマ撮影を楽しめるようになりました。「Googleカメラ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
「Nova Launcher 3.0」のベータ提供が開始
Swipe-Lock : いつでも、どの画面からでも画面のスワイプジェスチャーでスクリーンをOFFにできるAndroidアプリ
LG G3韓国版の開封映像が早くも公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP