ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【肉食系女子】仙台牛をこころゆくまで楽しむなら絶対に「大胡椒」よ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。肉食系女子を極めようと全世界の肉を食べ歩く、夏目ニクです。この間、実家の名古屋に帰った時に小耳にはさんだ情報を元に、仙台に仙台牛を求めてやってきました。仙台だから牛タン!? ノン! ノン! 仙台牛なんですよ!

さて、ミミヨリな情報を元に仙台牛を炭焼きで食べさせてくれるという東北地方最大の歓楽街、国分町の「大胡椒」というお店にやってきました。

店内に入ると炭火焼きの香ばしい香り。肉のアロマテラピーを施術されているような感覚すら感じます。

さて座席に着くとすぐに提供されるのがサラダ。肉食系女子を極めるには、野菜もしっかりとらなきゃ! ということでまずはサラダをいただきます。

これがとってもサッパリでいくらでも食べられちゃう。サラダにはこっそりとリンゴも入っていたりと、サッパリにする工夫がたくさんしてあるサラダなので、本当に何杯でもおかわりできちゃいます。

あとで聞いたんだけど、大胡椒では女性はふつうサラダを4回おかわりしちゃうんだって!ワタクシもしっかりおかわりしちゃいました。

しばらく待ってると、とうとう愛しの仙台牛ちゃんがお目見え!こちらのお肉は固まりのまま赤ワインに漬け込んだあと、常温に戻すためにしばらく室温でゆっくりとお肉の温度を調整するんだそうです!

赤ワインに漬け込んだお肉だなんて、女子的にはポイント高くてタマりません!たくさん食べて美しい肉食系女子を目指すわよ!今回は贅沢にもロースとヒレの2つの部位をたっぷり楽しみます。

まずはロースから焼いていただきました。香ばしいロース独特の匂いが漂って、肉のアロマテラピーを施術されているようです!もう恍惚ってこういうことなのね!

こちらはヒレのお肉。お塩でいただきましたが、おいしさのあまり、少し手ブレしてしまっております。肉食系を極める女子として、失態してしまいました。。

こちらの「大胡椒」さんでは、1つのテーブルにひとり必ずお肉を焼いてくれるとーってもダンディーな紳士が給仕をしてくれます。

だから最適な状態で最高の仙台牛をたっぷり楽しめます。しかも、こちらのペースに合わせてお肉や野菜、飲み物やサラダまですべてオーダーすることなく、感じとってサーブしてくれます。とても気持ちよく食事が出来るので、全てをゆだねちゃいました。

そして「大胡椒」さんでは、さらにお肉を楽しんで食べる事ができるように、3つのソースを用意しています。何から何まで行き届いた気配りに、本当に感激してしまいますわよ!

1つ目が塩胡椒。かるくローストされたゴマと胡椒が随所に効いていて、仙台牛のウマミとアマミをしっかりと引き出してくれるシーズニングになっています。

もともと、ここ「大胡椒」さんの仙台牛の下ごしらえは赤ワインに漬け込むだけで、塩こしょうなどをしていないので、何もつけずに食べるとお肉本来がもつそのものの深い味わいを感じる事ができます。

こちらはたっぷりのワサビ。緑が鮮やかだからって、ズンダのソースじゃないわよ〜。ワサビをたっぷりとつけて食べても、しっかりとした仙台牛のウマミが受け止めてくれるため、辛さというよりは、ワサビ本来の香りと甘みを感じます。

本当にお肉の味をしっかりと引き出してくれるワサビ醤油と仙台牛のマリアージュは最高!

そして最後が、レモン醤油ソースのマスタード添え。これは「大胡椒」ならではの味。

ワサビや塩こしょうに少し飽きた時に、よりサッパリと食べたいときのソースとして打ってつけ。やっぱり肉食系と言えども、初めの勢いを継続するって難しいじゃない?でもこのレモン醤油ソースはそういう時にまた食欲を元に戻してくれるし、味の濃淡を出してくれる、「大胡椒」さんの気遣いってのを感じるわ〜。ほんとにダンディー!

さらにさらに!ここ「大胡椒」はお酒も充実してました!正直、美味しい料理のお店はたくさんあると思うんだけど、料理もお酒もどっちもこだわりを持ってて、本当に美味しいお店って、なかなか無いと思うのよね。

でも、ここ「大胡椒」は本当に両方とも、こだわり抜いてる!そして美味しい!って心から感じました。例えば日本酒。ここにはこだわりの宮城のお酒があったの。名前は、はさまや酒造店の「こんこん」。どっしりとした日本酒の芳醇なうまみたっぷりのお酒はしっかりと仙台牛を受け止めてくれました。

ここにも素敵なマリアージュ!さらに、チェイサーでいただくお水もイタリアはトスカーナから取り寄せたお水。本当に何から何までこだわりぬいて、ダンディーすぎて惚れちゃいそう!

お肉を楽しんだ後は、シメとデザートなんだけど、女子的にはここにもダンディーなこだわりを感じちゃいました!まずはシメのガーリックライスなんだけど、ここのガーリックライス、ひとくちサイズののり巻なんです!ほんっとに最後の最後までダンディーです!

あっつあつのガーリックライスのり巻をほおばると、香ばしい仙台牛の香りとほのかに香る控えめなガーリックが女子的にバッチリ!デートできても、あまり匂いを気にしなくてもいい感じなの!ポイント高すぎ!付け合わせにそえられているお漬け物も京都から取り寄せているそうで、そちらを合わせるとさらにさっぱりと食べる事ができました!

最後はデザートなんだけど、ここのデザート、見た目はキュートな生ビール!でも味はしっかりとパンチのある、特製のグレープフルーツゼリーなの。しっかりと苦みの効いたグレープフルーツに、少し甘めのヨーグルトのシャーベットソースがそえられていて、味の強弱もバッチリ!少しあぶらっぽさを感じていたお口の中を、スッキリさせてくれます!

と、何から何まで、肉食系女子には本当にガンガン響いちゃうお店でした!夏目ニクの本当におすすめのお店ってあんまりないんだけど、ここは本当にオススメ!人気店だから絶対予約して行って、みんなでホンモノの肉食系女子になっちゃいましょ!

最後にお店の情報はこちら!最高の肉食系女子ライフをあなたにも!

お店の名前:大胡椒 (だいこしょう)
電話番号:022-224-3988
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-3-18
営業時間: 17:00~22:00
定休日:日曜日

写真・文章 by 夏目ニク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP