体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【肉食系女子】仙台牛をこころゆくまで楽しむなら絶対に「大胡椒」よ!

niku2

こんにちは。肉食系女子を極めようと全世界の肉を食べ歩く、夏目ニクです。この間、実家の名古屋に帰った時に小耳にはさんだ情報を元に、仙台に仙台牛を求めてやってきました。仙台だから牛タン!? ノン! ノン! 仙台牛なんですよ!

さて、ミミヨリな情報を元に仙台牛を炭焼きで食べさせてくれるという東北地方最大の歓楽街、国分町の「大胡椒」というお店にやってきました。

DSC_1322

店内に入ると炭火焼きの香ばしい香り。肉のアロマテラピーを施術されているような感覚すら感じます。

さて座席に着くとすぐに提供されるのがサラダ。肉食系女子を極めるには、野菜もしっかりとらなきゃ! ということでまずはサラダをいただきます。

これがとってもサッパリでいくらでも食べられちゃう。サラダにはこっそりとリンゴも入っていたりと、サッパリにする工夫がたくさんしてあるサラダなので、本当に何杯でもおかわりできちゃいます。

あとで聞いたんだけど、大胡椒では女性はふつうサラダを4回おかわりしちゃうんだって!ワタクシもしっかりおかわりしちゃいました。

niku3

しばらく待ってると、とうとう愛しの仙台牛ちゃんがお目見え!こちらのお肉は固まりのまま赤ワインに漬け込んだあと、常温に戻すためにしばらく室温でゆっくりとお肉の温度を調整するんだそうです!

赤ワインに漬け込んだお肉だなんて、女子的にはポイント高くてタマりません!たくさん食べて美しい肉食系女子を目指すわよ!今回は贅沢にもロースとヒレの2つの部位をたっぷり楽しみます。

photo7

まずはロースから焼いていただきました。香ばしいロース独特の匂いが漂って、肉のアロマテラピーを施術されているようです!もう恍惚ってこういうことなのね!

niku2

こちらはヒレのお肉。お塩でいただきましたが、おいしさのあまり、少し手ブレしてしまっております。肉食系を極める女子として、失態してしまいました。。

niku

こちらの「大胡椒」さんでは、1つのテーブルにひとり必ずお肉を焼いてくれるとーってもダンディーな紳士が給仕をしてくれます。

だから最適な状態で最高の仙台牛をたっぷり楽しめます。しかも、こちらのペースに合わせてお肉や野菜、飲み物やサラダまですべてオーダーすることなく、感じとってサーブしてくれます。とても気持ちよく食事が出来るので、全てをゆだねちゃいました。

niku4
1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy