ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セカンド即出し、イーノ・ハイド

DATE:
  • ガジェット通信を≫
セカンド即出し、イーノ・ハイド

つい先頃アルバム『Someday World』をリリースしたばかりのブライアン・イーノとアンダーワールドのカール・ハイドによるプロジェクト、イーノ・ハイド。なんと、早くもセカンド・アルバムを6月24日にリリースすることを発表した。

4月28日リリースされたばかりのイーノ・ハイドの『Someday World』だが、なんと約2ヶ月後の6月24日にセカンド・アルバム『High Life』のリリースを発表したのだ。内容的には長尺曲を含む6曲45分という内容で、そのタイトルに現れているように、前作『Someday World』に加えて、さらにアフロ志向を強めた作品になっているとも言われている(ハイライフというガーナを中心にしたジャンルがある)。さて、このセカンドはどんな内容になるのか彼らのコメントを。

「『SOMEDAY WORLD』が完成した時、我々にはまだやり残したことがあり、その時点で制作をストップし、いわゆる宣伝活動に移行すべきではないと感じた。そういった背景で、我々は即座に次のアルバムの制作に取りかかることを提案した。すでに存在したアイディアを拡張させ、新たなアイディアも加えた、まったく異なる作品をね」 ブライアン・イーノ

「できるだけ不必要なものを削ぎ落としたシンプルな機材セットで作業を行うようにした。今作では、僕の引くギターに、ブライアンが生でエフェクトをかけるというやり方にこだわったんだ。そうすることでお互いのパフォーマンスに影響を与え合うことができ、新しいポリリズムのパターンを生み出すことができる」カール・ハイド

早くもこれをリリースするイーノ・ハイド。とどまることを知らぬベテランたちの勢い! まずは公式サイトにて新曲「DBF」が本日23時頃から公開されている模様なのでぜひとも試聴するべし。
(河村)

セカンド・アルバムから新曲「DBF」が公開されている
http://www.enohyde.com

ファースト『Someday World』はOTOTOYでもハイレゾ(24bit/44.1kHz)で配信中。
http://ototoy.jp/_/default/ p/42148

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。