ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今“カルトスター”に一番近い男シャールト・コプリー 『オールド・ボーイ』での怪演を見逃すな[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


土屋ガロンと嶺岸信明による日本のコミックをベースにし、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞したパク・チャヌク版『オールド・ボーイ』。スパイク・リー監督が韓国版のテーマとドラマの骨格を受け継ぎつつ、多様なディテールを大胆に塗りかえ、原作とも韓国版とも異なる結末を新たに創出したハリウッド版『オールド・ボーイ』が6月28日(土)に公開となります。

本作でジョシュ・ブローリン演じる主人公ジョー・デュセットと対峙する、謎の男を演じるのがシャールト・コプリー。彼は、TVプロデューサーとして活躍したほか、CM、ミュージック・ビデオ、短編映画の製作や監督を務めた後、旧友のニール・ブロンカンプ監督のデビュー作『第9地区』の主人公ヴィカス役で鮮烈なスクリーンデビューを果たしたという、異色の経歴を持つ俳優。

経歴も異色なら、出演作品も異色。地球に難民としてやってきたエイリアンと、彼らを抑圧する人類との対立を描いた『第9地区』に始まり、同じくブロンカンプ監督が手掛けたSF『エリジウム』に『第9地区』とは正反対のひげ面の悪役で出演、6月14日公開の『オープン・グレイヴ 感染』ではめでたくゾンビ(?)映画に主演デビュー。ハリウッドのメインストリームではないSFやカルト的人気を得るスリラーなどへの出演で、何かと注目を集めている、超個性派俳優です。

そして、韓国版ではグロ描写も話題となった『オールド・ボーイ』のハリウッド版に物語の鍵をにぎる謎の男として出演。主人公ジョーをある理由から20年間監禁しその後突然解放、自分の正体を探らせ翻弄するという役どころ。スタイリッシュな衣装に身を包み美女を携えながら、ねちねちとジョーを挑発していく怪演で演技の幅が感じられます。異色の俳優シャールト・コプリー、今後カルト映画界で大ブレイクする日も近いかも?


『オールドボーイ』ストーリー

1993年10月8日、広告代理店重役ジョー・デュセットの人生は、はてしない悪夢にのみ込まれた。真夜中の街をさまよっていた彼は、泥酔して意識が混濁するなか、見知らぬ一室に閉じ込められてしまったのだ。何者かの監視下に置かれ、ひたすら単調に流れる時間に精神を蝕まれる絶望の日々。理由も分からない監禁生活がついに20年目に突入したある日、ジョーは突然外界に解放された。監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、休む間も惜しんで猛然と動き出す。愛娘ミナとの再会を果たす前に、何としても自分を陥れた男を捜し出し、復讐を成し遂げねばならないのだ。やがて彼の前に姿を現した犯人は、あらゆる人間の良心を捨てた冷酷非情な男だった……。

2013年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/103分/原題:OLDBOY/R-15
監督:スパイク・リー(『インサイド・マン』) 撮影:ショーン・ボビット(『それでも夜は明ける』)
出演:ジョシュ・ブローリン(『ノーカントリー』)、エリザベス・オルセン(『GODZILLA』)
シャールト・コプリー(『第9地区』)、サミュエル・L・ジャクソン(『アベンジャーズ』)
配給:ブロードメディア・スタジオ  ©2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

http://www.oldboymovie.jp

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP