ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッファロー、DTCP-IPに対応した500GB/1TBのポータブルワイヤレスHDD「HDW-PDU3シリーズ」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バッファローは5月28日、DTCP-IPに対応したAndroidでも使えるポータブルワイヤレスHDD「ミニステーション エア Wi-Fi接続ポータブルHDD(HDW-PDU3シリーズ)」を発表しました。発売時期は6月下旬で、全国の家電量販店やバッファローダイレクトなどで販売されます。HDW-PDU3シリーズは、容量500GB/1TBのHDDを内蔵し、Wi-Fi通信機能とUSB 3.0端子を備えたポータブルワイヤレスHDDです。ラインアップは、500GBモデルの「HDW-PD500U3」と1TBモデルの「HDW-PD1.0U3」の2種類で、500GBモデルは22,100+税、1TBモデルは27,700円+税で販売されます。HDW-PDU3シリーズの特徴は、ポータブルワイヤレスHDDとしては世界初となる「DTCP-IP」に対応したところです。これで、テレビやレコーダーなどで録画したテレビ番組を本機にムーブして、Wi-Fi経由でAndroidで視聴することができます。視聴にはTwonky Beamを利用する必要があります。Androidでは、「Ministation Air2」アプリをインストールすることで、AndroidのファイルやフォルダをHDDに移動・コピペしたり、ストレージ上のメディアをストリーミング再生することができます。USB 3.0端子を備えているので、PCやMacでUSB外付けHDDとしても利用できます。他にも、内蔵の3,020mAhバッテリーでスマートフォンを充電することも可能です。バッテリーの連続動画再生時間は12時間です。筐体サイズは84mm × 18mm × 145mm、質量は265gです。Source : バッファロー



(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&T、ASUSの「PadFone X」を6月6日に発売
ライフメディアが“歩きスマホ”の調査を実施、約6割が「規制したほうが良い」と回答
LG G3のユーロ圏の価格が判明、 2GB RAM/16GB ROMが€599、3GB RAM/32GB ROMが€649

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP