ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版ATOKがv1.6.9にアップデート、Unicode絵文字の入力に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けの日本語対応キーボードアプリ「ATOK for Android」が先ほどv1.6.9にアップデートされ、Unicode絵文字を入力できるようになりました。従来のATOK for Androidの絵文字はキャリア絵文字にしか対応していなかったため、キャリアメールなどの一部のアプリでしか絵文字を入力できませんでしたが、Unicode絵文字に対応したことで、Android 4.1以上の端末において絵文字を挿入できるアプリが格段に増加しました。Unicode絵文字を利用できるのはAndroid 4.1以上を搭載した端末のみです。また、Android 4.4ではキャリア絵文字がUnicode6.0絵文字に統合されています。絵文字のカテゴリ分けは最近発表されたdocomo/au共通絵文字に準拠した形となっています。このほか、Myコレに登録可能な件数や、顔文字のMyコレの最大文字数が増加。マッシュルームで文字を入力できない現象も修正されています。「ATOK for Android」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Playミュージック&All Accessをポーランドとデンマークで、端末の販売をノルウェーとスイスで開始
Android版ヤフオク!がv5.0にバージョンアップ、ヤフオク!ウィジェットと連携、登録アカウント数が3つにまで拡大、4分割写真の撮影も可能に
OPPO N1 miniのプレス画像が複数流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP