ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原竜也VS山田孝之!日本映画を背負う2人が初共演、新作への思いを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

藤原竜也、山田孝之、中田秀夫監督という豪華コンビネーションで描く、映画『MONSTERZ モンスターズ』が公開に。他人を意のままに操作する男と、その能力が唯一通じない男の激闘を壮絶なアクションと哀しみのドラマで表現した藤原と山田に、本作への想いを尋ねた。

『クロユリ団地』などの中田秀夫が監督を務め、藤原、山田の初共演で描くサスペンス・アクション。見るだけで他人を思い通りに操作する能力を有する男(藤原)が、その能力が唯一通じない謎の男(山田)と出会い、お互いの存在を消すために激闘。呪われた宿命を背負ったモンスター同士の哀しいバトルを、壮絶アクションの連続で描く話題の一本だ。

鋭い眼光演技で魅せる藤原は、「本当にカッコいい映画に、中田監督に仕上げていただいたと思いましたね。究極の二人の死闘の結末をどう表現するか、撮影中も気になっていましたが、映画を観てすごい作品になったと思っています」と完成作に絶対の自信。山田も、「芝居の正解やスケールなど抱いていた不安が多かったですが、それは完成した映画を観た時になくなりましたね。究極の二人が置かれている状況がすごく異様で、しかもスピーディーに変化を重ねていく。あっという間に観終わってしまいましたね」と合格点を出す。

この『MONSTERZ モンスターズ』、藤原、山田にとって特別な作品になったそうで、それは本人たちも驚いた”意外性”にあるとか。藤原は、「”男”というキャラクターを観て思いますが、意外と演じていそうで演じていないキャラクター。作品そのものも斬新なエンターテインメントになったと思いますね。壮大なスケールで、映画館に行って座席に座るだけで楽しめる作品だと思います」と新しい役柄との出会いを回想。
また、山田は、「試写で、意外に笑いがあるなと思いましたが、本当にエンターテインメントになっていて、そこに関われたことをうれしく思います。あえてエンタメ性を主張することはしたくはないですが、純粋に映画を観て笑ってツッコミ(笑)、楽しめる作品になったと思います」と予想外の展開があることを熱弁。はたしてモンスターズの激闘は!? その結末に期待せよ!

映画『MONSTERZ モンスターズ』は、2014年5月30日(金)より、全国ロードショー!

【参照リンク】
・『MONSTERZ モンスターズ』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/monsterz-movie/index.html 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP