ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いま最もクールなパフォーマンス集団「モーションハウス」が初来日

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ヨーロッパ~アメリカで大絶賛されたイギリス発のダンスシアターカンパニー「モーションハウス」が日本に初上陸。6月13日から、東京・六本木ブルーシアターにて”水”をテーマにした作品「スキャッタード」を披露する。

とにかく、まずは映像を観ていただきたい。まるで目の錯覚を起こしたかのような幻想的な瞬間の連続に、ここ日本でも「海外に行った際にはまずチェックしておく作品」と最前線のダンサーやパフォーマーたちの間で話題になる理由がお分かりいただけるはずだ。

1988年にイギリスで創立したモーションハウスは、コンテンポラリーダンスをベースに、身体能力に優れたダンサーたちがアクロバティックな動きや映像を使い、ダイナミックでオリジナリティ溢れる作品を数多く生み出している。

今回の来日で披露されるのは、2009年秋から2011年にかけて国内外をツアーし大絶賛を博したモーションハウスの18番目の作品「スキャッタード」(Scattered/散乱している意)。同作では、北極の圧倒的な造形や、滝、海の中などの映像、そして雨、氷、雪などのモーショングラフィックスを、スノーボード・ハーフパイプの斜面のようなセットに投影。その映像に、カンパニーの特徴である高い身体能力を誇る7人のパフォーマーたちが飛び込み、滑り降り、さらにバンジージャンプや布を使った空中技など、”水”をテーマにしたスリリングで壮大なパフォーンスを繰り広げる。

2013年には、仏南部マルセイユにあるプラドのビーチで”掘削機”を使用した作品「トラクション(Traction)」を披露し話題をよんだモーションハウス。彼らの作品は、音楽、斬新なセットデザイン、映像、ダンサーの身体能力と感情表現豊かな動きなど、パフォーマンス/アートすべての要素が注ぎ込まれた、まさに”エンターテインメント”の塊と言えるだろう。

■公演概要
モーションハウス「スキャッタード」
2014年6月13日(金)~15日(日)【全5回】
会場:六本木ブルーシアター

チケット料金(全席指定・税込):S席7,800円 A席5800円
お問合せ:キョードー東京 0570−550−799(平日11:00-18:00/土日祝10:00-18:00)
出演:モーションハウス(Motionhouse)(イギリスのダンスシアターカンパニー)
演目:スキャッタード(Scattered)
上演時間:70分(休憩無し)

【参照リンク】
・モーションハウス「スキャッタード」プロモーション映像
https://www.youtube.com/watch?v=_eP7eb0zoms 
・モーションハウス公式HP
http://motionhouse.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP