ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

起業を失敗に導く「思い違い」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

起業を失敗に導く「思い違い」
 たとえば、今あなたが学生や会社員だったとして、「起業する」「独立してビジネスを起こす」などと家族や恋人に話したら、9割9分「うまくいくわけがない。やめておきなさい」と止められるはずです。
 それほど、一般的には自分でビジネスを起こして成功させるのは難しく、実現困難なことだと思われています。しかし、本当にそうなのでしょうか。
 『「あったらいいな」を実現するビジネスのつくり方―顧客に求められる圧倒的価値の創造メソッド』(パブラボ/刊)の著者で、これまでに40以上のビジネス立ち上げに携わってきた山中哲男さんは、「複雑にしてしまうと途端に難しくなる」といい、ビジネスは「『あったらいいな』を実現する」という、シンプルな視点で行う方がいいとしています。
 そのうえで、ビジネスを立ち上げる際にやっておくべき5つのステップを、本書の中で紹介しています。

■自分の強みを見つける
 どんなビジネスを立ち上げるにしても、「自分(自社)の強み」を把握することから起業はスタートします。
 これは何も「語学が得意」「税理士の資格がある」など、直接仕事になりそうなものだけでなく「笑顔が素敵と言われる」「何時間でもパソコンに向かっていられる」などでも構いません。
 大事なのはその強みを「どう使うか」なのです。

■「強み」をベースに「あったらいいな」を創造する
 強みを見つけたら、今度はその強みでどんなことができるかを考えます。
 「新しい価値を創造する」などと難しく考える必要はありません。
 「こんなサービスがあったらいいな」「これがあれば便利なのに」と、とにかくシンプルにアイデアを出していきましょう。

■仲間を探す
 うまく「あったらいいな」を見つけたとしても、それを実現しようと思ったら一人では難しいはずです。
 チームでビジネスを進めていくことを仮定して、自分の役割は何なのか。自分の他にどんな役割の人が必要なのかを考えたうえで、自分の計画に乗ってくれる仲間を探します。

■ビジネスをつくるための準備運動をする
 当たり前のことですが、ビジネスを作るのはヒトとヒトです。無用な摩擦や人間関係のトラブルを避けるためにも、メンバーが揃ったら、実際にビジネスを始める前に、互いのキャパシティ(どれくらいの量の仕事をこなせるのか)、力量(どんな分野に強いのか)、クセ(コミュニケーションのとり方や考え方)などを確認する期間を持ちましょう。

■マーケティングをする
 ここでようやくビジネスらしくなってくるわけですが、「自分たちのビジネスの顧客がどの層で、どんなところで必要とされるのか」ということは「あったらいいな」を探した時に、必然的に一緒に考えたはずです。
 だから、あとはその層の人にどう知ってもらうかを考えればいいだけ。ターゲットが決まっていれば、その方法にはさほど悩まないはずです。

 ビジネスを立ち上げて成功させることは、たしかに簡単ではありません。しかし、山中さんがいうように、必要以上に複雑で難しいものだと考えることもないのです。
 では、ビジネスを「シンプルに考える」とはどういうことか。本書にはそのための考え方と行動が詳しく解説されており、ビジネスのアイデアを持ちつつも、失敗リスクを恐れて実行に移せない人や、いずれ独立したい人の無用な不安を取り除いてくれるはずです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
起業を成功させるためにやるべき7つのこと
当てはまりますか?成功する起業家に共通する3つの資質
契約を取れない営業マンの共通点

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。