ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィル・フェレルVSチャドのそっくり対決にレッチリが乱入、奇跡のセッションに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのドラマー、チャド・スミスと、『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』などで知られるコメディ俳優ウィル・フェレル。「似ているセレブ特集」の常連でもある両名による、公開セッション・バトルがついに実現した。

以前から「俺はチャド・スミス」と宣言するウィルに対し、「俺のフリをするのはやめろ」とけん制していたチャド。そんな2人が決着をつけるべく、5月22日にジミー・ファロンが司会を務める深夜トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演しドラム・バトルを繰り広げた。

この日、ウィル(画面左)とチャド(右)は、お揃いのKISSのTシャツに革ジャンなど上から下まで全く同じ格好という、まるで双子なクリソツぶり。さらに、ジミーがウィルに話しかけるとチャドが答え、チャドへの質問をウィルが答えるというネタまで披露した。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=EsWHyBOk2iQ

その後、お待ちかねのドラム・バトルがスタート(左側が本物のチャド、右側がウィル)。スティックを落としそうになったチャドに対し、ウィルが「悪くないけどさ、アンタ(レッド・ホットじゃなくて)、”生ヌルい(=ルークワーム)”・チリ・ペッパーズでやってるの?」なんて口撃する一幕も。

だがそこは本物のチャドだけに凄まじいドラムプレイ見せつけ、ウィルは「とても敵わない」と危機感を覚えたのか、”カウベル”を持ち出し対抗。すると、なんとレッド・ホット・チリ・ペッパーズの面々が登場し、米ハードロックバンド、ブルー・オイスター・カルトの「(Don’t Fear) The Reaper」を披露! まさかの展開にスタジオも大いに盛り上がったようだ。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=0uBOtQOO70Y#t=14

インタビュー動画は300万、ドラム・バトル動画は1,600万以上と、それぞれ驚異的な再生回数を記録。バトルに勝ったウィルは巨大なゴールデン・カウベルを貰ってご満悦だが、

「こんな日が来るのを待ち望んでいた」
「ガチでドッペルゲンガーだよな」
「レッチリのビデオを見ると、”ウィルか?”と思う自分がいる」
「ウィルの腕前もすごいけど、チャドははるか上を行くな」
「ウィルがドラムを叩いてるって、最後まで信じてた人も少なくないだろうね」
「最高のひとときだった!」

と、視聴者もこの対決を楽しんだ様子。ちなみにウィルは、同番組の専属バンドでもあるThe Rootsのドラマー、クエストラブのプレイに当て振りしていただけと思われる。

なお、このカウベルやレッチリがブルー・オイスター・カルトを演奏したのは、以前ウィルがレギュラー出演していた米コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の人気パロディ・ネタに由来していたりする。あのクリストファー・ウォーケンも出演するという、無駄に豪華なネタなのであった。

https://screen.yahoo.com/more-cowbell-174128899.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP