ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「めざまし」公式炎上ツイート「メンバーの具合が心配だなぁ」は「不謹慎」? 賛否両論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月25日に岩手県滝沢市で行われたAKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈(19)と入山杏奈(18)らがノコギリを持った男に襲われ、手などを負傷したことが大きなニュースになっている。

速報が多数報じられたほか、同日、フジテレビの朝のニュース番組「めざましテレビ」公式ツイッター(@cx_mezamashi)は、

「みんな気になる情報が入ってきたよ!
AKB48のメンバーが負傷した事件のため明日の放送予定が変更になるかも!
メンバーの具合が心配だなぁ?大丈夫かなぁ?」

とツイート(現在は削除)。この「!」の使い方や文末の表現が「軽すぎる」などとしてツイッター上に物議をかもし、「めざまし」側が速攻削除するという騒動があった。

このツイートが投稿されると、

「人が怪我してるのにそのノリねぇ。もうニュースやめたら?」
「なんだあの書き方 面白くなれば何でもいいと思ってるとしか思えない」
「ふざけてるの?人が刺されてるんだよ、言葉の表現を考えてください」
「人が刺されてるとは思えない言い方ですね。楽しいニュースと勘違いしてないですか?」
「いくらなんでも酷すぎますね。AKBでいい思いをしているはずでしょう。」
「人が怪我してるのに何そのテンションあり得ないんだけど、ニュースやる資格ないよ。TVにでて正しい情報を発信するのがめざましの仕事でしょ?なにやってんの?」

等々、批判が殺到。そもそも「めざまし」ツイッターでは、親しみをもたせるために「だって~♪」「~かな?」といった文体で、顔文字も多用していたが、障害事件を伝えるのには不適切と感じた人も多数いたようだ。

これを受け、「めざまし」は

「※AKB48のイベント会場で事件があったため、告知した内容が大幅に変更になる可能性があります。ご了承ください。」

と丁寧な表現で投稿し直し、批判を寄せた人に対し、個別に謝罪ツイートを送ったが、これがまた炎上。

「めざまし」の送った謝罪ツイートは、「大変申し訳ございません。修正させていただきました。」というものだが、

「なんなんざけてんの?
みんな謝り方一緒やん
謝るくらいなら最初からツイートすんな」
「めざましさん謝罪のコピペ連発やな!がはは」

などというコメントが寄せられ、掲示板などでは「謝罪bot」とネタにされてしまう始末だ。その後「めざまし」は

「先ほど、当アカウントの中で不適切かつ不謹慎な表現がありました。
今後、このようなことのないよう気を付けてまいります。
不愉快な思いをさせてしまったみなさまにおわび申し上げます。」

と改めて謝罪した。なお、ツイートが「不謹慎」かどうかについては、

「めざましテレビのキャラっぽくtweetしてるんでしょ?心配もしてるし、全然不謹慎には見えなかった」
「めざましテレビの件で不謹慎だファンの気持ち考えろって言ってる連中おかしくね?確かに言い方が悪かったかもしれないけど、同じファンとして許せないとかそういった自省的な思考になるもんじゃないの?そう考えないで喚く連中はただの自己中なにわかファンだとしか思えないね」

など、”批判するのはお門違い”といった意見もみられる。

【参照リンク】
・めざましテレビ 公式ツイッター
https://twitter.com/cx_mezamashi 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP