体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おもちゃのブロックみたいに積んで使える『カードリーダー+USBハブ』

カードリーダー+USBハブ

サンワサプライは、おもちゃのブロックのように積み重ねて使える『カードリーダー+USBハブ 400-ADR002シリーズ』と『USBハブ(4ポート)400-HUB012シリーズ』を発売しました。両タイプとも、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、イエローとポップな5色で展開。同社のショッピングサイト『サンワダイレクト』のみの限定販売商品です。

カードリーダー+USBハブ

見た目はおもちゃのブロックそのもの、遊びごころあふれるポップなカードリーダー+USBハブが登場しました。両タイプともに、本体は同じデザインを採用しているため、2種類×5色で合計10商品をいろんな組み合わせで積み重ね可能。使わないときはケーブルをすっきり収納して持ち運べます。

『カードリーダー+USBハブ 400-ADR002シリーズ』は、カードスロットを4口、USBポートを2口とミニUSBポート1口を搭載し、対応メディアは、コンパクトフラッシュ、SD/SDHCカード、メモリースティック、microSDHCなど35種類。『USBハブ(4ポート)400-HUB012シリーズ』はUSBポートを4口搭載し、USBバスパワーで駆動します。

カードリーダー+USBハブ

用途に合わせて、『カードリーダー+USBハブ』と『USBハブ』を各一個ずつ積み重ねれば、カードリーダーとUSB6ポートを確保できます。ポップな色を組み合わせて、デスク上の小さなインテリアとしても楽しめそうですね。『カードリーダー+USBハブ』のサイズはW96×D64×H22mmで、販売価格が1780円(税込み)、『USBハブ』のサイズはW96×D64×H27mmで、販売価格は1480円(税込み)です。
 
 

■関連記事
1台3役! USBハブ+カードリーダー機能付き『携帯電話充電ホルダー』
microSDカードリーダーとしても使えるレーザーポインタ
SDXCカードを含む54種類のメディアに対応するメモリーカードリーダー『MR-A003』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。