ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「孝之が現場に入ると『社長』って言っちゃう」 柄崎役やべが明かす『ウシジマくん』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『闇金ウシジマくん Part2』大ヒット記念、柄崎役・やべきょうすけインタビューの後編は、カウカウファイナンスの話! 闇金は違法だってわかってはいるものの、シリーズを観ていると、ブレない社長のウシジマを筆頭に、柄崎、そして高田(崎本大海)の3人に惹かれてしまうコトも事実。気になるカウカウファイナンスについて解説をお願いした。

社長、柄崎、高田の拠点、カウカウファイナンスは、息ピッタリのチーム感がまず観ていて心地よい。その点、「カウカウファイナンスでは、”社長”がよく飯に誘う(笑)」として、山田孝之の粋な心づかいがあるという。「実は、共演者の皆で飯に行こうと思ってはいます。ただ、皆で行くと、距離感がヘンになりそうじゃないですか。たとえば(綾野)剛の場合は忙しくもあったので、後で顔出すみたいなことがあったけれど、”うん。その距離感がちょうどいい”って”社長”も言っていて。彼は情報屋役なので、ガッツリとカウカウじゃないわけ。2時間くらいの飯の最後にちょっと顔出すみたいな距離感が最適で(笑)」。

やべ自身、柄崎として居ることが心地よいという。年齢は下だが、同業者としてリスペクトする山田がウシジマを演じているからだ。「本当に、柄崎とウシジマの関係は、役者としての僕が思う山田孝之との関係と似ています。なかなかいないタイプで、すごく好きなんです。ただ一緒にいても芝居していても気持ちがいい。刺激的で、ドキドキする。すげえと認めざるを得ない男。だから、役柄として入り込みやすいわけですよ」。現実と本質でシンクロしている。「孝之が現場に入ると、”社長!”って、すぐ言えちゃいますからね(笑)」。

長い時間をかけて構築した信頼関係、現実とシンクロする設定など、効果的な要素が重なりあい、カウカウファイナンスの面々は(犯罪者集団だけれど)、魅力的に映ってしまうことはいたしかたない。やべ自身、毎回再会を楽しみにしていることを明かす。「実は孝之、崎本君とかとは、ちょこちょこ、会うほどじゃないけれど、連絡取っていますよ(笑)。どう? みたいな。”とりあえず筋トレやっていますよ”とか、皆ちょこちょこ準備して待っている。皆、ハッキリとは口には出さないけれど、どこかで作品に対して期待して待っているわけで、何を言われても応えられる準備をしている。正直、こういう作品はないですよ」。

映画『闇金ウシジマくん Part2』は、大ヒット上映中!

【参照リンク】
・『闇金ウシジマくん Part2』公式サイト
http://ymkn-ushijima-movie.com/movie/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP