ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5 Activeのセンサーアプリ「Activity Zone」がダウンロード可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5 Activeの一連の流出動画で存在が明らかになったセンサーアプリ「Activity Zone」。そのapkファイルがXDA Developersで配布されていました。Activity Zoneは、Galaxy S 5 Activeの気圧センサーやデジタルコンパスなどを用いて現地の気圧や高度、方位を表示するほか、フラッシュライトやストップウォッチの機能も搭載しています。ハイキングや山登りで必要になりそうな機能をまとめたアプリです。アプリのUIはS Healthと大体同じで、ホーム画面で各機能の情報を表示でき、スライドメニュー上で各機能にアクセスすることができます。アプリは少なくともGalaxy S 5では利用できます。単にapkファイルを手動でインストールするだけです。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Google I/Oの公式サイトに正体不明のタブレットが登場、噂のNexus 8か?
Galaxy S 5で“ストレス”をチェックすることが可能に
Samsung、Galaxy S 4のLTE版とGalaxy S 5でAndroid 4.4.3アップデートを開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP