ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年4年の国内スマートフォン率は56.5%、10代ではなんと84.5%がスマートフォンを利用(MMD研究所)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は5月21日、2014年4月の国内における携帯電話の購入に関する調査結果を発表しました。今回は15歳以上のスマートフォン・フィーチャーフォンユーザー計30,993人を対象に調査が行われ、全体の56.5%がスマートフォンを、43.5%がフィーチャーフォンを所有していると回答しました。スマートフォン率は過半数を超え、フィーチャーフォンユーザーを上回りました。次に、全員を対象に端末で使用している回線の契約キャリアを質問したところ、42.1%がドコモ、auが32.6%、ソフトバンクが22.8%と回答し、それ以外のMVNOと回答した人はわずか0.6%でした。MVNOのSIMカードは乱立していると言えますが、携帯電話用では大手3キャリアのSIMカードを使用している方がほとんどのようです。また、MVNOと回答した219人を対象に、利用しているSIMカードの提供元を質問したところ、20.5%がIIJ、18.3%が18.3%、11.9%がb-mobileと回答し、上位3社が明らかになりました。同社の調査では年代別のスマートフォン率も公開されています。それによると、15歳~19歳の未成年者のスマートフォン率が84.5%と、他の年代よりも高いことがわかりました。彼らの年代で初めて持つ携帯電話はスマートフォンなのでしょう。また、年代が上がるに連れてスマートフォン率も減少していることも明らかになりました。Source : MMD研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、6月2日にComputex 2014のプレスイベントを開催、特設サイトもオープン
SoftBank SELECTIONオンラインショップで72時間限定のタイムセールが開始、5月29日正午前まで
LG G Pad 7.0は赤外線リモコン(QuickRemote)やスピーカーのステレオ/モノラルの切り替え、タッチフィードバック機能に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP