ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

URBANフェチが無期限活動休止状態に入ることを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女混合3ピースのオルタナティヴ・バンド、URBANフェチが、無期限活動休止状態に入ることを発表した。

メンバーの野田耕平(Vo、Gt)は、活動を休止する理由について「自分でも管理出来ないくらいの曲の断片がグワーっとなっていてそれを整理して最善の形にするのに時間をかけたい」とブログで説明。「パフォーマーとしてのURBANフェチはしばらくお休み」とも書かれていることから、ライヴ活動を休止し、制作および個々のメンバーのスキル・アップに専念する意味合いが強いようだ。なお、「もし納得いく感じにならなかったらそのまんまフェイドアウトするつもり」ともつづっている。休止前最後のライヴは、関東では5月29日に東京・下北沢シェルターで、関西では8月(詳細は後日発表)に行われるとのこと。

URBANフェチは2004年に結成。2013年に現メンバーで初となるミニ・アルバム『ファーストアルバム』を発売。都内のライヴ・ハウスを中心に活動し、エモーショナルなライヴが注目を集めている。(前田将博)

〈385 presents「極端な人達vol.9-クレイジーナイト編-」〉
2014年5月29日(木)下北沢SHELTER
開場 / 開演 : 18:30 / 19:00

料金 : 前売 2000円 当日 2300円
出演 : 385 / LAGITAGIDA / URBANフェチ

・URBANフェチ オフィシャルサイト
http://www.urbanfeti.jp

・野田耕平 活動休止へのコメント
http://urbankou.exblog.jp/20737333/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP