ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忘れらんねえよ柴田“童貞偽装”で謝罪&「ばかばっか」MVで真相告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忘れらんねえよのボーカル・ギター柴田隆浩(32)が“童貞偽装”していたことをHPで謝罪、あわせてその真相が明かされた「ばかばっか」のMVを公開した。

先日「忘れらんねえよ柴田隆浩について重要な報告がございます」とHP上に掲載されて以降、“重要な報告”についての憶測が飛び交い熱心なファンから柴田のツイッターには「まさか解散しないよね!?」「気になって眠れない…」「何があっても忘れについて行きます」といったアツいリプライが続々と届けられていた。しかし肝心の柴田は返信どころか23日夜以降ツイートすら一切途絶えており、「あのお喋りな柴田さんが…」とその異常事態にますますファンは困惑していたところだ。

そして告知通り、本日25日22時にHP上で発表されたのはなんと「実は柴田は童貞ではなかった」というカミングアウト。HPに掲載されたメンバー・スタッフ連名による謝罪文によると、4月2日にフラカンと共演した「ツレ伝ツアー~序章~東京公演」の打ち上げ後、メンバーとスタッフに対し柴田より「実は3年前に童貞を喪失していた」という報告があったとのこと。つまり3年前からこれまで、“童貞を偽装した「ビジネス童貞クソ野郎」だった”とのことで、ファンを長きに亘り欺いていたのだという。なんということだろう。

しかし29年にわたる童貞キャリアを盾に「頼れる童貞のアニキ」として今後は“童貞アドバイザー”となることを力強く宣言。「これからも今まで以上の童貞マインドでロックンロールし続けていきます」というカッコ良いんだかなんだかわからない言葉で誓い、「thank you sex.」といつもの調子で謝罪文を締めくくっている。きっと拳を握りしめたファンも多いだろう。気持ちはわかる。

「童貞偽装」の真相はオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された新曲「ばかばっか」MV内で明かされており、こちらではライヴやラジオのオンエアで「ピー」と隠されていた「ばかばっか」の歌詞が実際にはどう歌われているかなども全てわかる内容となっている。

「ばかばっか」ミュージック・ビデオ
http://youtu.be/msr34fOerMA

また、東名阪で行われることが発表となっていた『あの娘のメルアド予想する』レコ発インストア・ライヴも、〈忘れらんねえよ柴田 『童貞偽装』問題に関する謝罪会見〉というタイトルのもと、童貞偽装謝罪会見&お詫びの粗品お渡し会&ミニ・ライヴという形で行われることも決定したので、文句を言いたい方は是非とも参加して直接本人に伝えて欲しい。

解散や体調を心配していたファン(一部に「童貞卒業ですか!?」という鋭いファンの声も有)にとっては憤怒の思いかもしれない今回の重大発表の顛末。しかし柴田にとっては決死の覚悟ともいえるカミングアウトだけに、新作『あの娘のメルアド予想する』に賭ける気持ちが生半可ではない事も確かであろう。新生(?)忘れらんねえよのこれからの楽曲、そして「柴田隆浩童貞偽装 禊ロード」となる今後のツアーにこれまで以上に注目してほしい。最後に、柴田さん童貞卒業おめでとうございます! (岡本貴之)

・忘れらんねえよオフィシャル・ウェブサイト
http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/
・忘れらんねえよの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/81042

〈忘れらんねえよ柴田 『童貞偽装』問題に関する謝罪会見〉
2014年6月11日(水) 21:00~
タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
2014年6月13日(金) 19:00~
TOWER RECORDS 梅田NU茶屋町店
2014年6月14日(土) 15:00~
タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 9Fエスカレーター横イベントスペース
※詳細は忘れらんねえよオフィシャル・ウェブサイトまで

『あの娘のメルアド予想する』
2014年6月11日(水)発売
※OTOTOYから配信有り
http://ototoy.jp/top/
品番:VPCC-81802
価格:1,500円 +tax
【収録曲】
1.ばかばっか
2.タイトルコールを見てた
3.体内ラブ~大腸と小腸の恋~(feat.玉屋2060%,MAX from Wienners)
4.運動ができない君へ
5バンドやろうぜ
【以下ライブ音源】
6僕らチェンジザワールド
7.僕らパンクロックで生きていくんだ
8.THANK YOU SEXメドレー(・この街には君がいない・北極星・CからはじまるABC)
9.バンドワゴン
10.パンクロッカーなんだよ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP