ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中年男性の「美容への関心」倍増 ユニセックス商品が増加か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美容やコスメの話題はかつて女性だけのものだったが、今では男性も関心が「ある」と答える時代になった。20代では65.3%、30代は64.3%、40代が64.9%、50代でも57.9%もの人が美容に関心が「ある」または「少しある」と回答している。2年前の調査と比べると40代で関心が「ある」と積極的な回答をしている人が16.5%から30.2%へと大きく伸びているのが特徴的だ(生活トレンド研究所調べ)。

 男性美容研究家で美容コンサルタントの藤村岳さんは、東京ビッグサイトで開催された美容業界関係者向けの見本市、ビューティーワールドジャパンのセミナーでこの調査結果を示しながら「2年前の調査結果をみたときは、男性による美容への関心は世代間で格差があると分析していました。今では年代格差が崩れているようで、よい傾向ですね」と述べた。

 同セミナーで藤村さんは、男性が美容に関心があると回答できるようになったのは、人々の生活の仕方が大きく変わったからだとしてその背景の解説を続けた。

「忙しさが美徳の時代は終わりました。たとえば、ヒゲは男らしさを象徴するものですが伸ばすとなると手入れが必要です。そのため、忙しく働くことがもっとも尊ばれた高度成長期にさっさと深剃りして手入れ時間を短縮するのが当たり前になりました。最近はヒゲを整える男性が増えましたが、手間をかけることがムダと思われなくなったからです」(前出・藤村さん)

 そして、男女問わず人からどう見られるかが重要になり、身だしなみを整えることが当たり前になったいま、ファッションに比べて美容は費用対効果が高いことも男性が美容への関心を高めている理由のひとつとしてあげられる。

「洋服などのファッションを中心に身だしなみを整えようとすると、数万円するシャツや何十万円もするスーツなど、あわせると大変な金額になります。しかし、美容関連でしたら数千円の洗顔料で効果が得られることも。インターネットが発達したおかげで男性が気になる情報を探しやすくなり、美容や肌ケアが身近なものになりました。そして、今まで無関心層だった男性も美容の必要性に気づき始めています」(前出・藤村さん)

 いまやヘアケアやスキンケアなど全体で1500億円を超える規模になったといわれるメンズコスメ市場は、右肩上がりの成長を続けている。商品もエステサロンも”男性向け”と銘打ったものが激増しているが、見込みほどではなかったと撤退するものも少なくない。関心がある層が多い割に、現実に実践しやすい環境が少ないからだと藤村さんは訴える。

「意識して『しみ』『日焼け』『しわ』などを検索して情報を集める男性には実践する道がありますが、圧倒的に多数派のなんとなく必要性に気づいたばかりの普通のおじさんにはハードルが高い。たとえば、肌ケアの必要性を感じて奥さんの化粧品を使うと嫌がられたり、張り切ってデパートの化粧品カウンターへ行き、アラミスやクリニーク、資生堂のコスメを買いそろえると浮気を疑われたり。

 これから求められるのは、女性と男性がシェアしやすい肌ケア用品でしょう。男女どちらからも支持されるユニセックスなものなら、奥さんやパートナーと一緒に使うのが不自然ではありませんから」(前出・藤村さん)

 男性向けとはいえ、これまでのように「脂対策」「汗対策」などコンプレックスを強調した商品ではなく、機能性を残しつつパートナーの女性が自分も使いたくなるようなかわいらしさを感じるジェンダーフリーなコスメが主流となりそうだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
見た目気にする“綺麗男”ブーム到来 中高年男性にも波及
韓国女性は美容にかける時間が日本人の2倍 平均で約68分
モテない男にとって「セックス」、東大合格と同じほど別世界

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP