ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeは動画製作者向けの新アプリや寄付機能、クラウドソーシング翻訳機能の提供を計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTubeが動画製作者を対象に、YouTubeに追加される新機能や今後の動向を紹介する動画シリーズ「Creator Preview」を今後定期的にリリースしていくと発表しました。第1回目のCreator Preview動画でYouTubeは動画製作者向けに既存のアプリとは別のアプリを開発していることを明らかにしたほか、今後、YouTubeに次の新機能を追加する予定であることも明らかにしました。1つ目は、ファンが製作者に金銭を直接寄付できるようにする機能です。YouTuberにとっては広告以外の資金調達方法になります。おそらく、この機能はGoogle Walletと連動したものになるでしょうから、最初に利用できるのは送金をサポートした米国だけかもしれません。2つ目は視聴者の力を借りて動画の字幕やサブタイトルを60以上の言語に翻訳できるクラウドソーシングキャプション機能です。Source : YouTube



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、好きなキャラクタースタンプで撮影した写真を好きなようにデコることができる写真加工アプリ「CharaCam(キャラカム)」をリリース
Yelpモバイルアプリが近くレビューへの動画投稿に対応
LG G3対応のワイヤレス充電器はQiコイル部分が可動式でスタンドにもなる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP