ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米で“20溝ドル”の賠償請求発生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨークで、信じられない額の損害賠償を求める訴訟が起きたとして、日本のネット上でも話題になっている。

【画像や図表を見る】

アメリカのニュースサイト「Mirror Online」が伝えるところによると、その訴訟を起こしたのはアントン・プリシマさんという62歳の男性。「バスの中で狂犬病を持つ犬に中指を噛まれ感染した」という理由で彼が訴えているのはニューヨーク市であり、その額はなんと“20溝(こう)ドル”だ。

といっても、普通の人は20溝という数字がどれほどの大きさかピンとこないだろう。溝というのは、10を32乗した数字。万から順に溝まで追っていくと、万・億・兆・京(けい)・垓(がい)・予(じょ)・穣(じょう)・溝となる。

同サイトでは、「Dog bite victim sues New York City for more money than there is on Earth」というタイトルでこの訴訟について報じているが、このタイトル通り、20溝ドルというのは、地球上にある全てのお金の合計額より多い金額だ。

まるで小学生の妄想話のような様相を呈しているこの訴訟。日本のネット上でもこの話題が広まると、ツイッターには、

「20溝ドルだと?」
「20溝ドルとか請求すんなw」
「20溝ドルとか文字通りせかいを買えるぞ」
「10溝ドルは、100ドル札で換算すれば、重さにして26ジョ(260000京)トン、積み重ねれば2000譲キロになるそうです」(原文ママ)

と、この損害賠償請求額自体にウケているユーザーの声が多数投稿された。

なお、記事によればプリシマさんは、2010年以来、中国政府や複数の銀行などを相手に訴訟を起こしているという。今回の“トンデモ”な訴訟は、はたしてどのような結末を迎えるのだろうか?
(R25編集部)

米で“20溝ドル”の賠償請求発生はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
泥酔して失くした大切な俺のモノ
食べログ提訴 表現されない自由は?
AV会社7社が米本社のFC2提訴
訴えられる「騒音」はどれぐらい?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。