ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『いっき おんらいん』の全貌が明らかに! ボイスチャット対応で家に居ながら「うおー! 一揆だ!」と叫ぶ人続出か

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ゴールデンウィーク最後の日となる5月5日にゲームショウが開催され、そこでサンソフトの話題作『いっき おんらいん』がお披露目された。ゲームショウと言っても普通の『東京ゲームショウ』ではなく、『東京新宿ゲームショウ』というネイキッドロフトで行われたかなり小規模なイベントだ。

司会には時事漫談家の独壇場直球氏、出演者はメトロポリちゃんV、ファミコン芸人のフジタ、アバンギャル’S、サンソフトのスタッフ、そしてレトロゲーマーアイドル杏野はるなさん、そして杏野はるなさんの妹分である9歳のリトルゲーマー森川ちひろちゃんが登場。今回の『東京新宿ゲームショウ』はサンソフトのゲームを中心にトークやゲームで盛り上がるといったイベントだ。イベントの最後にはPlayStation 3で発売が予定されている『いっき おんらいん』の初公開映像まで公開されるという。

・ファミコン芸人による『アトランティスの謎』プレイ!
ファミコンユーザーなら誰でも知っているサンソフトの『アトランティスの謎』というアクションゲーム。理不尽なドアの配置にステージ構成。そしてブラックホールなど100面に到達するには至難とされてきたゲームをファミコン芸人フジタ氏がクリアに挑戦してみせた。このゲームは初見ではクリア不可能どころか攻略本を見ないと絶対分からない場所にドアが隠されているという極悪さ。アクションそのものはダイナマイトを投げて敵を倒していくという単純なものなのだが、ルートを見つけるのが最も難しいとされているこのゲームを解説を踏まえてクリアしてくれたのだ。このゲームクリアすると、エンディング画面にファミコンソフト『いっき』の主人公、権べ(ごんべ)が笑っているのだ。その後は何もなし。サンソフトの遊び心と言ったところだろうか。

・サンソフトのマスコットキャラクターになるはずだった?
サンソフトのマスコットキャラクターになるはずだったゲーム『へべれけ』をご存じだろうか? 癒し系イラストのアクションゲームで当初はファミリーコンピュータマガジンで4コマ連載も行われていた。『へべれけ』シリーズはアクションだけでなくパズルゲームなど数々のジャンルに展開しているほか、カメオキャラクターとしてほかの作品にも登場している。このゲームをレトロゲーマーアイドル杏野はるなさんが挑戦。最初は攻撃方法がわからず、やられる一方。そこでファミコン芸人フジタが手助けをする羽目に。

・ついにお披露目『いっき おんらいん』
そしてイベントの終盤になりいよいよお披露目となった『いっき おんらいん』。ここで初めて明かされる事実や新要素の発表に会場はワクワク。プレイヤーが使えるキャラクターは権べ達だけでなく○○も使うことができ、総勢12名でのプレイが可能だとか。前作は1人(もしくは2人)で『いっき』を行っていたが今作からは更に多い人数で『いっき』ができることになる。グラフィックもクラシックとゴージャスの2つから選ぶことが可能。またマルチ対戦の醍醐味であるコミュニケーションはセリフチャットにて行うことができるほか、ボイスチャットにも対応している。家にいながら「うおーーー!! 一揆だ!」と叫ぶ人が急増しそうだ。
諸事情により全ての内容を紹介することはできないが、まだまだ新要素は盛りだくさんだとか。発売は初夏を予定しておりPlayStation 3でダウンロード専用販売となる。

このほか杏野はるなさんと森川ちひろちゃんが、アーケード版『いっき』に挑戦する動画も公開され会場はサンソフト一色に染まった1日となった。


『いっき おんらいん』の続報が入り次第この場でお送りするぞ。
サンソフトと言えば上海というイメージが強いんだが、気のせいかなあ……。『アトランティスの謎』ももしかしたらリメイクされるかも?

☆「いっき おんらいん」オフィシャルサイト
☆サン電子ホームページ

(C)1985,2010 SUNSOFT ALL RIGHT RESERVED.

■最近の注目記事
ゴールデンウィークは恋人と何をして過ごした? 「そもそも恋人なんて居ない」がまたもや1位!
アップル社製品が通販で軒並み終了した理由を聞くも両者食い違い アップル「販売終了を決めたのはヨドバシでは?」
早速『けいおん!!』第二期の実写版MADが公開される! 再現度高し!
ポーランドにあるセクシーすぎる床屋さんが凄い! 下着姿でチョキチョキしてくれるよ
ASIMOもビックリの二足歩行ロボットが上海万博に出展される! 第二の先行者か?

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP