ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyのカメラアプリ「モーションショット」がv2.0.8にバージョンアップ、新エフェクトの追加や動画の読み込みをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyが、被写体の動きを重ね合わせて1枚の写真を作成できるカメラアプリ「モーションショット」をv2.0.8にアップデートしました。今回は、メジャーバージョンをアップデートしており、新エフェクトの追加や動画のサポートなどの機能の拡張が行われています。新エフェクトは、”ストライプ”(画面を縦割りにする)、”グリッド”(画面をグリッドに分割する)、GIFアニメーションを作成できる”アニメーション”のフェードアウト効果の3素類です。最後のエフェクトは有料です。また、動画の読み込みをサポートし、撮影済みの動画やダウンロードした動画を使って合成写真を作成できるようになりました。利用方法は、画面左下のボタンをタップしてギャラリーから動画ファイルを選択。取り込みたい区間を選択します。このほか、カメラオプションに「撮影プレビュー時のエフェクト」が追加されました。これは、プレビュー画面に残像効果が現れるようにするものです(動きの確認のため?)。デフォルトはONに設定されています。「モーションショット」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : Xperia Z2の着信音とスピーカーフォンの音を両方のスピーカーから出力されるように変更する方法
Galaxy Note 4には、Motion LauncherやAqua Capture、Multi Network for Booster、Smart Fingerprintという新機能が追加されるらしい
SmartBand SWR10管理アプリがv1.3.0.367にアップデート、自動夜間モードとスマートアラームの機能拡張が行われる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP