体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BEE SHUFFLE、日本全国深夜バスの旅で各地のタワレコへ! お留守番チームは関東圏のタワレコ店舗でお手伝い

 

Jun. K (From 2PM)

 

2月に発売したデビュー・シングル“Welcome to the Shuffle!!”が、オリコン週間チャートで初登場5位をマークした日本人2人と韓国人3人の原宿発がけっぷちボーイズグループ、“BEE SHUFFLE”。7月9日にセカンド・シングルのリリースを控える彼らが、2つの企画でタワーレコードとタッグを組むことが決定しました。

1つめは、自身が出演する「シャッフルオーディション」のシーズン4のなかで発表された新たなミッション〈日本全国深夜バスの旅〉で、各地のタワーレコードをめぐるというもの。これは、北海道から九州までを5ブロックにわけ、5人のメンバーのうち2名が深夜バスで移動。決められた期間内にブロック内のタワーレコードを回って、宣伝活動&セカンド・シングルの予約受付を行います。メンバー滞在時間に対象商品をご予約頂いた方には、自筆のメッセージ・シートをメンバーから直接プレゼント。なお、2人が1店舗に滞在するのは1時間のみ、1店あたりの予約目標枚数は100枚です。どこの店舗を訪れるのかは、当日来店時間の2時間前にシャッフルオーディションの公式Facebookで発表されますので、ファンのみなさんはFacebookやTwitterなどでこまめにチェックして下さいね。

もう1つは、〈フライデー店舗お手伝い企画〉。こちらは、前作“Welcome to the Shuffle!!”の発売前にも行ったコラボ企画で、メンバーが関東近郊のタワーレコードのスタッフとして、店舗の仕事を手伝うというもの。お手伝い時間内には、スタッフやお客さまとの交流を深めながら、新作の予約受付も自ら行う予定です。今回は、前述の〈日本全国深夜バスの旅〉の該当者以外の3人が、こちらの企画に登場。当日の受付期間中にご予約頂いた方は、当日お手伝いをしたメンバーとの撮影会&握手会に参加可能です。

どちらも、BEE SHUFFLEのメンバーと近くで接することができるまたとないチャンス! 近くに訪れた際には、ぜひ足を運んでくださいね。

 

〈Shuffle Auditionシーズン4 スペシャルミッション『日本全国深夜バスの旅』〉
日時:2014年5月23日スタート
スケジュール:店舗到着予定時刻の2時間前よりシャッフルオーディションの公式Facebook( https://www.facebook.com/pages/Shuffle-Audition/411920595610252 )で行います。
【注意事項】
※日本全国深夜バスの旅には、5人のなかから日本人メンバーと韓国人メンバーが1人ずつ、計2名が参加します。
※店舗へのお問い合わせはお控え下さい。
※北海道から九州までの店舗での実施となります。なお、関東エリアは今回の企画には含まれません。
※メンバーの店舗滞在時間は1時間を予定しています。
※7月9日リリースのBEE SHUFFLEのニュー・シングル、初回限定盤、通常盤A、通常盤Bのいずれかの商品1形態のご予約につき、1枚のメッセージ・シートを差し上げます。
※特典のメッセージ・シートは、メンバーが店舗に滞在をしている間のみのお渡しとなります。
※特典のメッセージ・シートは、各ブロックごとに異なります。
※ご予約前金として商品代金を全額いただきます。いかなる場合でも予約後のキャンセルは出来ませんのでご了承ください。
※商品の発送はできません。引き換えは、ご予約頂いた店舗でのみお受けいたします。
※店舗でのイベント時の写真撮影、動画撮影、録音行為はお控え下さい。
※店舗でのメンバーとの写真撮影、動画撮影などは一切禁止とさせていただきます。
※〈日本全国深夜バスの旅〉の模様は、後日DATVおよびYou Tubeの『Shuffle Auditionシーズン4』にて放送予定です。

〈BEE SHUFFLE 7月9日発売セカンド・シングル発売記念「フライデー」店舗お手伝い&ご予約イベント〉
【2014年5月23日(金) タワーレコード 錦糸町店内】
メンバーお手伝い時間:16:00~17:00
CD予約販売時間:16:00~17:30
握手会&撮影会開始:17:00~

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。