ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドの学校に描かれた壁画のレベルが高すぎる! 実は日本とも深いつながりが!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドでも最も貧しい州のひとつと言われるビハール州。この州の、さらに田舎スジャータにある学校「Niranjana Public Welfare School(ニランジャナスクール)」では、ここ数年、毎年「ウォールアートフェスティバル」なるものを開催している。

ニランジャナスクールは、貧しくて学校に通えない子供たちのために建てられたNGO学校。
ウォールアートフェスティバルでは、インド、そして日本からアーティストを呼び、3週間現地に滞在してもらって、学校の壁をキャンバス代わりに絵を描いてもらうのだそう。そうやってできあがった作品が、この壁画たちだ。
アーティストは絵を描くだけでなく、子供たちにアートの面白さを伝えるためワークショップも催す。

日本からは、泥絵で知られる若手アーティスト、淺井裕介氏(33)が3年連続で参加し、子供たちと一緒に村のあちこちの泥を混ぜて顔料にし、壁に描いた絵が話題となった。

ニランジャナスクールと日本には、実は大きなつながりがある。2006年、東京学芸大学の生徒たちが、アルバイトで貯めたお金を「貧しい子供たちのための学校を作るのに役立てて」と、インドNGO団体に寄付したのだ。日本以外の海外からも寄付金が寄せられ、これがニランジャナスクール設立のきっかけとなった。

その後学校は、教師やボランティアらの尽力によりどんどん成長し、今では3つの校舎に500人もの児童が学ぶほどに。

今年は2月に開催されたこのウォールアートフェスティバル。壁画は5月には消され、また来年のフェスに向けて準備が進められる予定となっている。

【参照リンク】
・Intricate Mud Paintings on School Walls in India
http://www.amusingplanet.com/2014/05/intricate-mud-paintings-on-school-walls.html 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP