ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どう感じた?彼女の「結婚したい」アピール!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、仲のいい友人が結婚を決めました。5年にわたる長いお付き合いだったので、どういうキッカケで結婚に至ったのか興味津々でヒアリング(笑)。すると、「あまりに彼が煮え切らないから、『結婚する気がないなら別れるから!』と宣言したのよ」との答え。すごい勇気!

【画像や図表を見る】

でも…強気に出た結果、「え、そんなふうに言われるんだったら、面倒くさいから別れようかな」なんて思われる可能性もなくはないですよね?随分思い切ったことしたなあ…と感心しました。

このように、彼女の方から結婚をにおわすケースって、多いものなのでしょうか?20~30代の男性に質問してみたところ、17%の人が「ある」と回答しました。どんな“結婚したいアピール”だった?

●「一緒に家具を見に行って、ふたりで使うことを前提に話をされた」(27歳)
●「今の職場に居られるのがあと2年くらいだから、その人たちに結婚の報告をしたいと言われた」(25歳)
●「有名ホテルでご飯を食べたとき、結婚式はこういうホテルで挙げたいなと言われた」(29歳)
●「結婚雑誌を買っているのを見つけたとき。わざと見えるところにそれが置かれていた」(38歳)
●「子どもが欲しい欲しいと繰り返し言われた」(33歳)

なるほど~。結構古典的なアピールが多いですね(笑)。

で、気になるのはその後!「彼女から結婚をにおわされて、どんな気持ちになりましたか?」と聞いたところ、1位は「彼女が自分との結婚を真剣に考えてくれていることを、素直に嬉しく思った」、2位は「そろそろ真剣に考えてあげなくちゃ、と思った」と前向きな回答が続いたのですが、3位にはなんと「まだ結婚を考えていなかったので、この先どうしよう…と焦った」との回答が!「まだ結婚を考えていなかったので、ちょっと引いてしまった」という回答も5位にランクインしていました。

大好きな彼と結婚したいからアピールしたのに、それが逆効果になっちゃったらこんなに悲しいことはありません(涙)。男性心理に詳しいマリッジカウンセラーの久野浩司さん、なぜ引いてしまう男性がいるのでしょう?

「多くの男性は女性が思う以上に、結婚に対して責任を感じています。社会的・金銭的に見て、『結婚しても大丈夫だ!』と自分自身でOKが出せていないと、結婚することに不安を覚え、ちゅうちょしてしまうものなのです。だからこそ、男性が結婚をすんなり決断できるよう、女性側からうまく導いてあげることが大切です」

うまく導く…ですか(悩)。どのようにすればいいのか、具体的に教えてください~!

「彼が未来をイメージできるような質問を投げかけてみるのが有効です。例えば、『◯◯君の将来の夢って何?』、『将来はどんな仕事をやってみたい?』、『どんな人生を送りたいと思っている?』など。そして、彼の回答を嬉しそうに聞き、心からその夢やビジョンを応援してあげましょう。彼の人生観やビジョンに共感・共鳴し、応援することで彼の自信につながり、結果として『自分の夢を叶えるためには、この女性しかいない』と実感させることができますよ」

なお、久野さんによると、「『ブライダルフェアに連れて行く』、『親に会わせる』、『友達の結婚の話をする』など、彼が乗り気ではない状態で“結婚したいアピール”をしてしまうと、あなたと彼の“結婚に対する温度差”が露呈してしまい、ドン引きされる原因になりますよ」とのこと。友人の場合は、強行策がたまたま功を奏したけれど、結婚を暗ににおわせるよりも、彼が自ら「結婚したい」と思うように、うまくコントロールする方が賢いようですね。

【取材協力】
久野浩司さん
わずか1カ月で運命のパートナーと出会う女性続出の「恋愛ライフデザインセミナー」主催。NPO法人「日本ライフデザインカウンセラー協会」公認マリッジカウンセラー。

【データ出典】
恋愛・結婚に関する意識調査 2014/3/14~3/17実施
(インターネットによる20~30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

どう感じた?彼女の「結婚したい」アピール!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
酔うと異性の魅力が高まる心理現象
「恋愛より仕事が大事」の本音は?
「パパと同じ名前」の恋人はアリ?
「恋愛の学校」の授業は何するの?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP