ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidの定番ファイル管理アプリ「ESファイルエクスプローラー」が外付けストレージの利用に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidでは定番のファイル管理アプリ「ESファイルエクスプローラー」がv3.1.4にアップデートされ、外付け接続のUSBストレージを利用できるようになりました。v3.1.4で、FAT32でフォーマットされたOTGデバイスをroot化不要でマウント可能になり、USBメモリや外付けHDDなどをOTGケーブル/アダプタを利用して端末に接続すると認識され、内蔵ストレージと同じようにファイルの読み書きを行えます。大抵の場合は自動的にマウントされますが、一部の機種では自動的にマウントされないこともあるので、その場合はスライドメニュー上の「ローカル」配下にある「usbdisk」や「usb・・・」といったデバイス名をタップしてマウントします。これで外付けストレージのファイルを閲覧したり、内蔵ストレージと外付けストレージ間のファイルの移動が可能になります。「ESファイルエクスプローラー」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Google検索、音声コマンドでのタイマーのセット・実行が可能に
Sony、Xperia Z Ultra Wi-Fiモデル(SGP412)のソフトウェアアップデートを開始、Xperia用Twitterアプリの接続問題に対処
LG G3はワイヤレス充電にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。