ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラリーマン、OLにも流行中の酸素カプセル、脳がリフレッシュするのは本当か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

酸素カプセルといえば、スポーツ選手のコンディション作り(例:日韓W杯時のデビット・ベッカム、高校時代の斎藤佑樹)のイメージが強いかもしれないが、最近では健康や美肌、疲労回復の効果もあるとのことで、女優やモデルをはじめ、そこいらのサラリーマン、OLの中にも利用者が増えている。

そんな中、今年のクールビズアイテムとして注目されている「初摘みミントオイル」を使った酸素カプセルのニューマシンが登場した。

初摘みミントとは、花が咲く前に刈り取ったミントのことで、フレッシュな香りが特徴的。また、ミントには体感温度を4℃下げるという実験結果もある。酸素カプセルとの融合は、どんな化学反応を生むのだろうか。そこで記者は、いち早くニューマシンが設置されている店へ直行した。

今回、お邪魔したのは、表参道駅から徒歩1分のところにある酸素カプセル専門店「O2+(オーツープラス)」。まず、体験前に店長の土屋一人さんに話を聞いた。

「酸素カプセルを利用すれば、酸素を体の隅々まで送ることができます。結果、体中の酸素不足を解消し、全身の代謝を高めます。また、体の中で一番酸素を使うのは脳。一方、一番酸素が不足しがちな場所も脳なんです。だから、そこに酸素を送ると頭がスッキリします」

酸素カプセルは、血中の酸素濃度を高めることで細胞を活性化させるので、肩凝りや偏頭痛持ちの人にもおすすめだそうだ。

では、酸素カプセルに初摘みミントオイルを使うことによってもたらされる効果とは一体何だろうか?

「ミントの持つ”爽快感”を与えることによって、特に暑い夏などは、疲れを一層取り除いてくれます」(土屋店長)

しかし、ミントの爽快感といってもあまりよく分からない……。百聞は一見に如かず、ということで早速体験してみた。

まず、10分くらいの説明とカウンセリングを受けた後、カプセルの中へ入り仰向けの状態になる。今回は90分体験コースをチョイス。

しばらくすると、飛行機の離着陸時のように鼓膜が締め付けられる感覚が襲ってきた。どうやらカプセル内の気圧が高まっているようだ。

次に、初摘みミントの香りがカプセルの中に充満してくる。ミントで”コーティング”された涼しい酸素が、鼻の奥を優しく刺激して、肺に溢れる感覚が身体を包む……、これはかなり心地いい。

ちなみに、酸素カプセルに入っている間は読書をしたり、携帯電話を見ていても問題はない。記者はなにもせず目を瞑ってリラックスしていたのだが、カプセル内の酸素濃度が高まるにつれ、血流が促され代謝が良くなるからか、少し体が熱くなってきた。決して「暑い」わけではなく、心地よく体が温まる感じだ。

そして、気づいた時には深い眠りに……。あっという間に90分が経過し、カプセル内の気圧がゆっくり下がっていく。カプセルから出ると、なにやら全身が軽くなっているような気がした。特に、凝っていた肩・首・頭に関しては明らかに軽い。初摘みミントオイルの効果もあって、気分もとても爽やかだ。

続いて、マッサージチェアで全身をほぐす。全身の血の流れがよくなったので、かなり気持ちいい。最後に特選ハーブティーをいただいて、体験は終了。

この夏、クールビズアイテムとして流行りそう初摘みミントオイルを使った酸素カプセル。できるビジネスマンこそ効果的に利用して、さらに仕事の効率をアップできると確信した。

【参照リンク】
・酸素カプセル専門サロン O2+ オーツープラス
http://www.o2plus.jp 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP