ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お菓子メーカーの怖すぎるマスコットキャラが炎上中!子供達を恐怖のどん底にたたき落とす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカでは子供から大人まで誰もが知っている、黄色くて丸いレモン味のキャンディ「Lemonheads」。このキャンディの新しい顔となるマスコットが公式ツイッターで発表されたのだが、これが怖すぎると物議を醸している。

レモン型の横長アタマに小さい耳がチョコンと付き、髪の毛は頭頂部にもさっと生えただけのこのマスコット。
本来なら美しいはずの青い目は、真っ黄色な顔と不自然極まりない薄らスマイルで魅力も帳消しに。極度にセンター寄りな目鼻立ちも不気味さを醸し出している。

Lemonhead公式ツイッターは20日午前6時過ぎ、「Hey」の一言だけ付けたこの新キャラ写真をアップし、人々を早朝から恐怖のどん底に突き落とした。

ネット上はさっそく、

「夢に出そう」
「よくこんなの思いつくな・・・」
「オレの夢に出てくる怖いピエロみたいだ…」
「どんな神もこんな怖いヤツ作らない」
「夜眠れない・・・」

と至極もっともな意見、感想で溢れ返っているが、Lemonheadを製造販売しているFerrara Candy Co社はChicago Tribune紙からの取材に対し、今回のキャラクターのリニューアルについて、「より若い世代を惹きつけるため」と秘めた意図を明かしている。

今年2月に開催されたソチオリンピックのマスコットも、「悪夢のクマ」とあだ名がつくほど「怖い」とネット上で話題となり、逆に知名度を上げることになったが、今回のLemonheadマスコットもそういった意味では、これまでのものより有名にはなりそうだ。

【参照リンク】
・Lemonhead 公式Twitter
https://twitter.com/Lemonhead 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP