ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Smartisan OS v1.0を搭載した第1弾スマートフォン「Smartisan T1」が正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 锤子科技(Smartisan Technology)の提供するAndroidベースのカスタムROM「Smartisan OS」の正式版を搭載した第1弾機種「Smartisan T1」が同社より発表されました。Smartisan OSは、小米科技のMIUIや魅族のFlyme OSのようなAndroidベースのカスタムROMです。昨年開発が発表され、本日その正式版「Smartisan OS v1.0」を搭載した最初の機種がカスタムROMの開発元より発表されました。まるで小米科技のようですね。Smartisan T1は、4.95インチ1,920×1,080ピクセルのJDI製液晶ディスプレイ”Pixel Eyes”、Snapdragon 801 MSM8274AC 2.5GHzプロセッサ、2GB RAM、16GB/32GB ROM、背面に1,300万画素のExmor RS( 富士通のMilbeaut Mobile付き)、前面にOmniVision製500万画素カメラ、2,570mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/b/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GSM/WCDMAに対応しています。スペック的には現行最上位レベルと言えます。Smartisan T1のラインアップは、2G/3G対応の16GBモデルと32GBモデル、2G/3G/LTE対応の16GBモデルと32GBのモデル。それぞれブラックとホワイトの2色があります。価格は3,000元~4,540元(約48,600円~約73,000円)です。まずは2G/3Gモデルが7月に発売されます。Source : 锤子科技



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、auユーザー向けの新たな電子マネー・ポイントサービス「au WALLET」の提供開始
2013年度の国内タブレット出荷シェア、Androidが45.7%を獲得してAppleを抜く(MM総研調査)
Android Tips : 1画面に2つのアプリを表示して"ながら作業"を可能にする方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。