ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドストレージサービス「Box」のAndroidアプリがv3.0にバージョンアップ、LGのGシリーズには50GBストレージが1年間無償で提供される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドストレージサービス「Box」がAndroidアプリのバージョンアップとLGとのパートナーシップ拡大を発表しました。Androidアプリはv3.0にバージョンアップされました。v3.0では、UIの一部変更が行われたほか、ファイル・フォルダの操作機能の向上や文書・画像用のビューアの更新、OneCloudアプリ用ギャラリーのカテゴリ表示対応化などが行われています。文書ビューワーはページレイアウトが変更となり、文書内検索機能やプレゼンテーションモードが追加。画像閲覧用のギャラリーの改善も行われました。また、OneCloudアプリ用のギャラリーはカテゴリ別にフィルタリングできるようになり、目的に応じたアプリを探しやすくなりました。アプリUIの変更では、「検索」がスライドメニューに移動したほか、ファイル/ファルダリストで各項目をスライドすると操作オプションが表示されるようになりました。このほか、フォルダリストのトップにファイル数などの情報ヘッダが追加。ポーランド語、トルコ語のローカライゼーションの更新も行われていますLGとのパートナーシップ拡大では、米国、西ヨーロッパ、韓国で発売されるLGのGシリーズにBoxアプリがプリインストールされるようになり、アプリにログインすることで、50GBのストレージ容量を1年間無料で利用することができます。「Box」(Google Playストア)Source : BOX BLOG



(juggly.cn)記事関連リンク
回転式カメラを備えたOPPO未発表の5インチスマートフォン「OPPO N5116」がFCCの認証を取得
Samsung、新しいビデオレンタルサービス"Project Glued"を年内にアジア圏で開始予定
ディープラス、スマートフォンの写真をワイヤレスで印刷できるポータブルプリンタ「Pringo(プリンゴ)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP