ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラマヨ・小杉が太鼓判! 隠し味に中華スープを使用した「カツカレー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月16日放送の「腹ペコ!なでしこグルメ旅」(テレビ東京系、毎週金曜午後6時58分)では、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一さん、吉田敬さんらが、中華料理店「光陽楼」(東京都葛飾区)を訪れた。

 創業57年の同店で家庭的でおいしいと評判の「カツカレー」は、揚げたてサクサクの豚カツとご飯の上にカレーがたっぷりかかったボリューム満点の一品。鶏や豚のガラにリンゴや野菜を加えて煮込んだ中華スープをカレーに混ぜることで味に深みを出している。さらに野菜の甘みを引き出すため、提供する直前にカレーを中華鍋で炒めているという。

 「カツカレー」を頬張った小杉さんは「めっちゃうまい。昔懐かしいカレーって感じ。」とコメント。続けて、「少し甘め。欧風カレーとか、インド風カレーとかあるけども、おばちゃん風カレー」との例えに「あ~、わかる。わかる」と一同納得の様子だった。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:光陽楼(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:亀有・青砥のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:亀有・青砥×中華のお店一覧
ブラマヨ・小杉が太鼓判! 隠し味に中華スープを使用した「カツカレー」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP