体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人の遠足】プレモル派なら絶対行っておきたいサントリー武蔵野ビール工場(前編)

季節は夏に向かってどんどん暑くなってきました。暑い夏だからこそ味わえるのが、ウマいビール! ということで編集部で一番のビール好きが、サントリー・ザ・プレミアム・モルツを製造しているサントリー武蔵野工場に潜入してきました。

まずは、府中本町までJRでやってまいります。今日は競馬でも、競艇でもない、ビールだけに集中!

DSC_1203

府中本町駅から工場までは歩いて12分だそうです。

DSC_1210

のどかな商店街を線路沿いに歩いていきます。

DSC_1211

しばらくすると中央自動車道の高架が出てきますので、それをくぐると、あと100m!すでにビ、ビールが飲みたい!というような日差し。

DSC_1219

胸をときめかせながら、矢印に沿ってあるくと、ババーン!工場正門!

DSC_1220

入り口で受付をすませると、見学者用の受付が工場内にあるとのことで、そのまま進みます。

DSC_1245

工場見学用の受付で、本当の受付をすませると、こんなパスが貰えます。しっかりと首から下げて、準備完了です。いよーし、ビール飲むぞ!と意気込みを新たにします。

DSC_1246

見学スタートまで時間があるそうなので、ファクトリーショップを覗いたりしましたが、見学が終わったらたっぷり見る時間があるので、ビールでゴクゴクと喉を鳴らす妄想をしておくのがいいかもしれません。

今回の見学ツアーは、プレモルのこだわりや製造している方々の情熱を感じるための座学が含まれていました。全体のスケジュールはこんな感じです。

musashino02

まずは座学からですが、プレモルは下記の3つの素材だけで作られているそうです。

・天然水:武蔵野の大地で磨かれた100%天然水だけを使用
・麦芽:粒の均一な粒選り麦芽に加えて、コクとウマミの「ダイヤモンド麦芽」を使用
・ホップ:欧州産のビターホップに加えて、欧州産の「アロマホップ」を使用

1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy