ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ルーズヴェルト・ゲーム』第4話が神回 「倍返し」級の流行語大賞候補が誕生!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月からスタートしたTBS日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』の第4話で、アツすぎる”名言”が2発も飛び出したと話題だ。

超人気ドラマ『半沢直樹』と同じく池井戸潤の原作小説をドラマ化した『ルーズヴェルト・ゲーム』は、『半沢~』の製作スタッフが再集結したTBSの意欲作。そんな同作の第4話で飛び出した、唐沢寿明が演じる主人公・細川充と、 香川照之が演じる大手企業ジャパニクスの社長・諸田清文による”名言”がネット上で話題となっている。

青島製作所の社長・細川は、ライバル・イツワ電気との”対等合併”を持ちかけられるも、「これは事実上の吸収合併だ」と拒否。しかも仲介役を務める諸田に対し、面と向かって「あなたが嫌いだからだ」とバッサリ切り捨てたのだ。このビジネスシーンではあり得ないケレン味あふれる展開と、ここぞとばかりに炸裂した香川の顔芸に、ネット上は

「言ってみたーいww」
「明日から使おう!」
「台詞で楽しませてくれるドラマは久しぶり」
「シビれました!」
「細川社長よく言った!」
「香川照之伝統の顔芸はさすがだった」

などなど大盛り上がり。しかし、この第4話はこれで終わらなかった。失態を責められ「要は金だよ、金!」と逆ギレしたイツワ電気社長・坂東昌彦に対し、諸田が言い放った「キミが言う金の意味と、私の言う金の意味は180度・・・いや、540度ち・が・い・ま・すっ!」というセリフが、

「意味がわからない」
「回転度数がガッツ石松を抜いちまったぜw」
「540度違うって新しいなwww」
「こりゃ早くも今年の流行語大賞決定かな?」

と、視聴者の爆笑を誘っているのだ。ちなみにこれは、あのイチロー選手がヤンキースで先発デビューを果たしたときの謎コメントから拝借していると思われるが、野球が大きなテーマとなっている同ドラマらしい”隠しネタ”と言えるだろう。

さて、当たり役となった『半沢~』の”大和田常務”も記憶に新しい香川は、安定の憎まれ演技&顔芸を披露してくれているが、ここはぜひ坂東を演じる立川談春にも注目しておきたい。”いま最もチケットが取れない落語家”と呼ばれる談春だが、その鋭すぎる眼光と腹黒オーラで、とても連続ドラマ初出演とは思えないダークな存在感を放っている。

今後さらなる名言・迷言が飛び出しそうな『ルーズヴェルト・ゲーム』は引き続き要チェックだ。

【参照リンク】
・日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』
http://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP