ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4.3(KOT51R)を搭載した「SM-G906A」が動画で流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日こちらの記事で紹介したゴールドカラーのGalaxy S 5未発表モデルは「SM-G906A」の型番を持ち、なんと、Google未発表のAndroid 4.4.3を搭載していることが判明しました。動画に映っている端末は昨日のものと同じ”Galaxy S 5 Prime”と呼ばれるものです。CPU-ZやQuadrantアプリ、システム情報の内容が動画の中で公開されていました。情報をまとめる、SM-G906Aは1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 801 2.5GHzクアッドコア(Krait 400 GPU、Adreno 330 GPU)、2GB RAM、16GB ROM、背面に1,600万画素カメラを搭載しています。SM-G906Aに搭載されている「Android 4.4.3」のビルド番号は「KOT51R」でした。Google Nowランチャーがホーム画面になっており、システムUIもほぼ標準状態です。これはGalaxy S 5のGoogle Play Editionなのかもしれません。コードネームが既に販売されている”klte”なので、製品自体はGalaxy S 5をベースにした派生モデルになります。

Source : YouTube



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCがTwitterで新機種の発表を予告
フォー・クオリアが「スマートフォン実機レンタルサービス」を提供開始
AMDもスマートフォン市場に参入? APUミーティングで謎の小型デバイスを披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。