ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セクシーさはカネになる?ポロリは当たり前、ランジェリー・フットボールの超危険な裏側

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2009年から始まった「ランジェリー・フットボール・リーグ」は、2013年より「レジェンズ・フットボール・リーグ(LFL)」に改称。成長目覚ましいチームの1つといわれるシカゴ・ブリスに迫った米<ABC>のドキュメンタリーでは、試合に賭ける選手たちの真剣な思いとLFLの問題点を紹介している。

日焼けした肌に黒のフェイスペイントという姿で、男性にも負けないほどの気迫を見せる女性たち。彼女たちはプロのアスリートではなく、中には子供を持つ女性もいる。

試合が行なわれる土曜日の朝8時。シカゴ・ブリスの選手たちは同じ中西部地区のライバルチーム、グリーンベイ・チルとの試合に臨むべくバスに乗る。バスの中はにぎやかだ。何年もランジェリー姿でプレーしてきた彼女たちは、時々起こる”ポロリ”を含めすっかり慣れっこだという。そうこうするうちにバスは試合会場に到着。美容室と化したロッカールームでは和気あいあいとしているが、試合前には戦士の顔に変わる。

ハーフタイムでのロッカールームでは鬼軍曹のようなコーチのゲキが飛ぶ。たとえ試合でチームが優勢だとしても、「ここで油断するんじゃない」とばかりに放送禁止用語を交えながらハッパをかけまくるのだ。女性だからといって容赦せずに男性と同じ扱いをする、これがコーチからの最大級の称賛らしい。

その一方で、LFLには「試合のチケットを売るために、女性を物として見ている」との批判も多い。これに対し、選手の1人は「私たちは真剣にやってるの。(ユニフォームは)ただのコスチュームに過ぎないわ」と一蹴。実は彼女たち、プレーでお金をもらっているわけではなく、生命保険の勧誘員や歯医者など、それぞれ別の仕事で生計を立てているのだ。

好きでやっているとはいえ、選手はパッドなどの防具もほとんど身に着けず、激しいプレーで脳震盪を起こすこともあるのが現実。LFLのコミッショナーは頑丈とはいえない防具について、NFLのような(頑丈な)ヘルメットは”武器”になりうることを理由に挙げているが、負傷に対する補償制度も整っていない。さらに<ABC>リポーターから”セクシーさはカネになる(sex sells)”という姿勢について尋ねられると、デヴィッド・ベッカムやトム・ブレイディ、マリア・シャラポワといった外見が取り沙汰されることの多い有名アスリートの名を挙げ、商業的な成功と関連付けた。

家族や周りの人が心配する中、「プレーしたい」という強い気持ちだけでフィールドに出ているLFLの選手たち。手薄なバックアップ体制も、スポーツへの愛があれば克服できるものなのだろうか。

【参照リンク】
・Lingerie Football: Super Sexy or Sexist? | Watch the video – Yahoo News
http://news.yahoo.com/video/lingerie-football-super-sexy-sexist-061956389.html 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP