ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハリウッド版『ゴジラ』に使われてる音が怖すぎると世界が震撼 「地獄の音」「気味悪い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全米では5月16日より公開となったハリウッド版『GODZILLA』が、全米週末興行収入9,320万ドル(約93億2,000万円)、世界週末興行収入1億9,620万ドル(約196億2,000万円)というビッグヒットオープニングを記録した。

もちろん、全米&世界とも第1位発進。全米オープニング興収成績でいえば、これだけ稼いでも、9,500万ドル(約95億円)を記録した『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』には僅差で及ばなかったものの、世界の興収成績は、現段階での2014年第1位という快挙となっている。

『GODZILLA』が話題になっているのは、その好発進すぎる稼ぎっぷりだけではない。サントラについても、ネット上で注目を集めているのである。

話題の映画サントラといえば、これまたオバケヒット街道を驀進中の『アナと雪の女王』の高評価ぶりが思い出されるが、『GODZILLA』の場合は

「気味悪いなこれ…」
「ちょっ、怖いんですけど!!」
「なんか地獄とかで流れてそう…」

など、「怖い」「気味が悪い」との声がもっぱら。
確かにオバケでも出てきそうな曲なのだが、「怖いけどかっこいい」「ダークソウルを感じるな」との声もあるように、曲自体はもちろん素晴らしいし、確実にその重厚な世界観を醸し出しているのはさすがだ。
YouTubeにも上がっているので、興味ある人はぜひ。

【動画】http://youtu.be/FaKQYGIbqBQ

期待にたがわず作品自体の評価も高いハリウッド版『GODZILLA』。待望の日本上陸は、7月25日となっている。

【参照リンク】
・『GODZILLA』公式サイト
http://www.godzilla-movie.jp/ 
・Godzilla (2014) – Official Teaser Trailer Music
http://youtu.be/FaKQYGIbqBQ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP