ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケてるオヤジは 漢方好き?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


■漢方オヤジ、急増中
 飲み会の翌日、イケてないオヤジは、朝から眠そうな目で臭い息を吐いて、女性社員から煙たがれます。
 一方で、イケてるオヤジは、悪酔いも二日酔いもしません。朝からさっそうと部下に指示を出して、女性社員も尊敬の目で見ています。
 この違い、どこから生まれるのでしょうか?

 そのひとつが「漢方」です。イケてるオヤジは、飲み会の前に漢方薬の「五苓散(ごれいさん)」をコッソリと飲んだりしているのです。飲み会前にはお馴染みの「ウコン」も、漢方薬の生薬の一つ。飲み会の時に救われたと言う人もいるのではないでしょうか。最近、そんな漢方オヤジが増えています。
 40代、50代は、まさに「男の人生」の本番。ただ、年齢とともに、どうしても体力、気力は衰えがちになります。そこで「漢方の力」を借りて「男の力」を高めてみるのはいかがでしょうか?

■夏も爽やかなオヤジが飲む漢方
 夏になると、いつも疲れている人っていますよね。朝起きたときからグッタリとして、仕事にもなかなか身が入らない。これは睡眠の質が悪いためです。
 今日の疲れは、今日のうちに片づけておく。それがイケてるオヤジの鉄則です。
 そこでも漢方。「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」は名前の通り、「暑さを清めて元気を益す」という漢方薬です。まさに「夏に強い男」のために考えられた漢方と言ってよいでしょう。
 グッスリ熟睡、スッキリ目覚めの助けになります。
 この夏、漢方で「夏も清らかなオヤジ」を目指すのも、いいでしょう。

■「ただ飲むだけ」で男の自信がアップ
 イケてるオヤジが強いのは、昼間だけではありません。夜だってタフです。
 だから、モテるんです! いつも自信にみなぎっているオヤジは、若者からも支持を得ることができます。
 その自信は漢方でつけることができます。「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は、滋養強壮作用のある生薬から構成され、「男の下半身の強力な味方」になってくれます。精力増強だけでなく、加齢とともに増える頻尿、尿モレ、尿切れの悪さなどにも対応します。

 漢方薬は「100%自然のもの」。大自然のパワーを取り入れて、男のパワーを増強する。しかも「ただ飲む」だけ。漢方は「イケてるオヤジになる一番簡単な方法」と言っていいでしょう。
 ただ、漢方の種類によって、服用できない人、控えるべき人もいますので、専門の人に相談し、必ず自分の身体に合ったものを選ぶようにしましょう。

 イケてるオヤジになる漢方薬は、まだたくさんあります。『40代からは漢方でやせる。若くなる』(久保田嘉郎/著、三笠書房/刊)を読んで「理想のオヤジライフ」を楽しみましょう!
(著者・久保田嘉郎)



(新刊JP)記事関連リンク
とにかく早く、やせるには?
40代からは漢方でモテる。デキる
紫外線、シミ、むくみ・・・春の悩みの改善法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP