ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Google Play for Educationに対応した教育機関向けAndroidタブレット「Galaxy Tab4 Educaiton」を米国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは5月15日、Google Play for Educationに対応した教育機関向けのAndroidタブレット「Galaxy Tab4 Education」を米国で発売しました。Galaxy Tab4 Educationは、先日発表された「Galaxy Tab4 10.1」をベースにした10.1インチタブレットで、落下や物にぶつけたときの衝撃から本体を保護する専用ケースが付属し、教材や教育用コンテンツを配信する「Google Play for Education」やSamsungの教育機関向けクラウドサービス「Samsung School」に対応するほか、月額$30の追加料金でWEBベースの管理コンソールでリモート管理することも可能です。Galaxy Tab4 Educationの基本スペックは、10.1インチ1,280×800ピクセルの液晶ディスプレイ、Cortex-A7ベースのSnapdragon 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1.5GB RAM/16GB ROM(Micro SDカード対応)、背面に320万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、6,800mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFCに対応。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)で、1画面に複数のアプリを同時に表示できるマルチウィンドウ機能にも対応しています。Galaxy Tab4 Educationの販売価格は$369です。Source : Samsung USA



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4.3(KOT51R)を搭載した「SM-G906A」が動画で流出
LG英国法人の公式サイトで「LG G3(LG-D855)」の製品ページが公開
Googleがスマートフォンを収納可能なノートPCの特許を出願、ChromebookとAndroidの統合を研究中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP