ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung Appsで「Galaxy Tab S」2機種が確認される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月12日に発表される見込みのSamsungの新タブレット「Galaxy Tab S」の名称がSamsung Apps内で確認された模様です。Samsung端末にプリインストールされているAndroidアプリストア「Samsung Apps」にその名前が記載されていました。画面に表示されているアプリはSamsung提供のものではありませんが、5月16日のアップデートで「Galaxy Tab S 10.5 Wi-Fi」と「Galaxy Tab S 8.4 Wi-Fi」の2機種がサポートされたことになっています。Galaxy Tab Sは、10.5インチ/8.4インチ2,560×1,600ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイを搭載したフラッグシップとなるタブレットで、6月12日にニューヨークで開催されるSamsung主催の「Samsung Glaaxy Premiere 2014」イベントで正式に発表されるとみられています。Samsung Appsの表示によれば、まずは10.5インチモデルと8.4インチのWi-Fi Onlyモデルが先に発売される可能性があります。Galaxy Tab SにはWi-Fi Onlyモデル以外にもLTEモデルが存在することも確認されています。Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
ケイ・オプティコム、KDDIの3G/LTEネットワークを利用した音声通話・データ通信サービス「mineo」を6月3日より提供、端末とのセット販売も実施
Android Tips : Nexus・GPE以外のKitKat端末やJelly Bean端末にGoogle Nowランチャーを導入する非公式の方法
HTC One(M7)用のAndroid Revolutuon HDが公式Sense 6.0ベースに刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP