ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel Atom Z3745を搭載した「MeMO Pad 7(ME176C)」のレビュー記事がウクライナのWEBサイトで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだ正式には発表されていないASUSの「MeMO Pad 7 (ME176C)」のレビュー記事がウクライナのWEBサイト itc.uaで公開されました。同サイトではベンチマーク結果なども公開されています。ME176Cは、Intel Atom Z3745″Bay Trail-T”を搭載した7インチタブレットで、今回のME176Cに加えて、ME176CXも存在します。既存のMeMO Pad 7との大きな違いは、プロセッサがIntelのクアッドコアにアップグレードされたことと、ZenFoneシリーズのカスタムUI「ZenUI」を搭載したところです。プロセッサのアップグレードによるものだと思いますが、Quadrantのベンチマーク結果は16,156点とハイエンドモデル並みの性能を出しています。OS:Android 4.4.2、ZenUIサイズ: 189,3 x 113,7 x 9,6 mm、300gディスプレイ:7インチ1,280×800ピクセル、IPS液晶プロセッサ:Intel Atom Z3745 1.33(Turbo Boost時1.86GHz)メモリ:1GB RAM、8GB/16GB ROM、Micro SDカメラ:背面に500万画素、前面に200万画素通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、Miracast、GPS/GLONASSバッテリー:3,910mAhSource : itc.ua



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、ワイヤレス魚群探知機「Bluetoothソナー」をau +1 collectionの新商品として5月下旬に発売
WEBサイト版Googleマップに自転車ルートの高度データ表示機能が追加
Samsung Appsで「Galaxy Tab S」2機種が確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP