ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xposedインストーラーがv2.6にバージョンアップ、アプリUI刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root化端末向けのカスタマイズツールの定番となっている「Xposed」のフレームワーク&インストーラーアプリがこのほどv2.6にバージョンアップされました。v2.6では、アプリアイコンの変更のほか、アプリUIのリニューアルが行われています。操作方法は従来と大差ありませんが、背景はブラックからホワイトに変更されてコンテンツもカードUIで表示されるようになるなど、外観が一新しました。また、Xposedモジュールのダウンロードページが3つのタブに分離し、紹介文とダウンロードボタンを見分けやすくなりました。Xposedモジュールはこのバージョンから「安定版」のみデフォルトで表示されるようになりましたが、表示タイプは「設定」タブから変更できます。他には、リソースとの互換性やパフォーマンスの向上を含むXposedフレームワークの内部的な改善も行われています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11Sの標準テーマパック「Great Freedom」が利用可能に
Gear Fit Phone : スマートフォンのアドレス帳を参照したり、電話をかけることができるGear Fit用アプリ
Google Playストアのデバイスリストが更新、Nexus 5の端末画像も表示されるようになった

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP