ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウシジマ史上最凶キャラ「美しすぎる闇金」高橋メアリージュン、「自分の中のSが覚醒」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウシジマ史上最凶キャラ「美しすぎる闇金」高橋メアリージュン、「自分の中のSが覚醒」

公開が楽しみすぎる『闇金ウシジマくん Part2』で、山田孝之演じる主人公ウシジマの最強・最悪のライバル、女闇金・犀原茜(サイハラアカネ)を演じた高橋メアリージュンにインタビュー! 唯一のオーディションだったという茜というキャラクターを演じる上での意気込みや工夫、そしてまさかの茜と似ている(?)という素顔にも迫っちゃいました!

劇中、ウシジマと互角に渡り合う女闇金だけに、「ウシジマのライバルなので、強く怖くないといけない」と最初にしっかりとキャラクター設定を確認したという高橋。茜は凶暴でキレやすい性格。その瞳にはあからさまに狂気と孤独を宿しているが、その背景には山口雅俊監督との綿密なディスカッションがあった。
「単に男対女の構図では、ウシジマに負けちゃう。吠えていてもヤンキーみたいで、怖くないなと最初に思いました。そのなかで山口監督にアドバイスをいただいて、何を考えているかわからない、いつ叫び出すかわからないような、情緒不安定でクレイジーな恐怖感を茜に出していこうと思いました」。
茜は、過去に相当な辛いことがあって、感情のコントロールが難しいなどという裏設定もあったことによって、助けられた部分もあったのだそう。茜という役柄を演じきるため、山口監督からの役についての設定やアドバイスを参考に、茜は低血圧な役だからと、普段の生活の中でも鉄分を抜いてみたり、声をあまり出さない様にして、過ごしたこともあったそうだ。マスコミ試写の段階から、関係者たちの間でも高橋演じる女闇金は非常に注目を集めていた。

茜を演じている姿は、普段モデルとして活躍する高橋のイメージとはかけ離れていて、ファンは卒倒確実! 高橋自身も演じていく中で、自分の意外な一面に驚くこともあったほど。
「映画で茜を観た人からは、よくギャップがあるって言われることが多いんです(笑)。でも実は田舎育ちなので、茜ほどではないですが、山で大声を出すことにも慣れていました。地元にはヤンキーもいたので、いつキレてしまうかわからない危うさや、急に発する奇声もイメージしやすかったんだと思います。わたし自身の性格も男っぽいところがあるので、そういう意味では、演じやすかったと言ってもいいのかもしれません(笑)」とニッコリ。

また、多数の演技派役者陣の助演も助けになった。茜のドM部下・村井役を演じるマキタスポーツ、茜の激しい取り立てを受ける暴走族リーダー・愛沢浩司役の中尾明慶の恐怖におののく演技が、茜の狂気を盛り上げている。「わたしのS心を刺激する演技をしてくださいました。それがすごく気持ちよくて。わたしのなかに(Sっ気は)ないと思っていたので、実は根っこの部分が茜に近かったことを知って、自分でも驚いています(笑)」って、僕らもビックリですよ!
ウシジマVS女闇金など、ウシジマに群がるクズたちによる最凶のサバイバル・バトルの結果を、気合い入れて映画館で確認してください!

映画『闇金ウシジマくん Part2』は、2014年5月16日(金)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国ロードショー!

【参照リンク】
・『闇金ウシジマくん Part2』公式サイト
http://ymkn-ushijima-movie.com/movie/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。