ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気爆発中の美女、高梨臨 恋に揺れるヒロインを演じて可愛すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

放送中のNHK 朝の連続テレビ小説「花子とアン」でも人気急上昇の高梨臨さんに、「AOLニュース」が『KILLERS/キラーズ』(14)に続いて直撃! 「『KILLERS/キラーズ』(14)は刺激的な映画で役柄でしたが、今回も一筋縄ではいかない世界観ですよ!」と笑う高梨さんに、最新作『醒めながら見る夢』の話を聞いた。

本作はケミストリーを経て現在ソロ活動中の堂珍嘉邦を主演に迎え、作家・辻仁成が脚本・監督を担当した異色恋愛劇で、古都・京都を舞台に堂珍扮する主人公の人気演出家・優児が恋人の亜紀(高梨さん)、その妹・陽菜(石橋杏奈)との関係に揺れながら、真実の愛を探し求めていく様を繊細に描くラブストーリー。
ヒロインの亜紀にはミステリアスな面があるので、「『KILLERS/キラーズ』(14)の久恵のようなインパクトがあるヒロインではないですが、何かを背負っているキャラクターなので、演じる上では大変でしたね」と回想。また、「最近トキメキがある女性を演じていなかったので、今回のようなラブストーリーは貴重です(笑)」とファンに情報提供! 「花子とアン」(14)の醍醐亜矢子さん役とも違うので、必見だ!

この『醒めながら見る夢』。堂珍主演、辻仁成脚本・監督作なので女子的に必見要素満載なことは確かだが、我らボンクラ男子的にも「スト-リーが面白いので、男子が観てももちろん楽しいですよ」とアドバイス! 「芸術的な描写が多い点は、まさしく辻さんの映像世界なので、とてもアーティステック。そういう点は意外と男性が好みじゃないかと思います!」。冒頭の”一筋縄ではいかない世界観”というコトバを念頭に、ご鑑賞ください!

映画『醒めながら見る夢』は、2014年5月17日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

【参照リンク】
・『醒めながら見る夢』公式サイト
http://www.sameyume-movie.com/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。