体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【閲覧注意】ホラー映画を超えた過激すぎるドッキリが爆発的再生数、物議を醸す

エンタメ
【閲覧注意】ホラー映画を超えた過激すぎるドッキリが爆発的再生数、物議を醸す

最近では”ゾンビどっきり”なども流行りつつあるが、このたび登場したのは”ホラーなピエロ”の超過激どっきりだ。

地下駐車場に潜んでいるのは、見るからに邪悪そうな顔をしたピエロ。この時点ですでに失禁モノの怖さだが、さらにこのピエロは手に持った巨大ハンマーで、リアルなマネキンの頭をグシャっと叩き潰す!

そんな現場にバッタリ遭遇してしまった人々はピエロの姿を見るなり呆然とし、すぐさま猛ダッシュで逃げまくる。「ピエロ=不気味」という潜在意識があるのか、それとも日常的にシリアルキラーへの警戒心が強いのか、この邪悪ピエロと対峙した人々の緊張感が動画から伝わってくる。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=8xSNiPx791A

このガチで怖いホラーどっきりに対し、ネット上では

「素晴らしいイタズラだ」
「心臓の悪い人がいたら死んじゃうよ」
「殺人未遂で訴えられるぞ!」
「最近のホラー映画より全然いいな」
「銃で反撃されたりしたら超危険じゃね」
「ガソリンスタンドの男、ナイフ取り出してるな…」

などなど、賛否両論が巻き起こっている。ともあれ、非日常的な出来事に遭遇したときはホラー映画のように反撃したりせず、この動画の人々と同じくダッシュで逃げるのが正解だろう。

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会