ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

P・マッカートニー武道館ライブ、SS席10万円! 高い?安い?妥当かどうかで激論発生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年11月に東京ドームでライブを行い、いまだ衰えぬ美声で日本のファンを感激させたポール・マッカートニーが、今週末に国立競技場で、さらに21日には日本武道館でライブを行う。国立競技場は数万人の観客を飲み込むキャパシティがあるが、日本武道館の収容人数は1万人強。その驚愕のチケット代が議論の的となっている。

ポールにとって昨年の日本公演は11年ぶりのものだった。今回の国立競技場ライブは、すでに取り壊しが決まっている「国立」の、単独ミュージシャンとしてはラストライブ。「2年連続で来日」「ラストが外国人ミュージシャン」と、サプライズ的な要素は十分だったが、さらに今月になって、武道館追加公演が唐突に発表された。

しかし音楽ファンを驚かせたのは、48年ぶりとなる武道館公演の決定だけでなく、そのチケット代だ。その額は、SS席の10万円を筆頭に、S席が8万円、A席が6万円、B席が4万円と、通常のライブの10倍前後。参考までに近々に日本武道館で開催される他のアーティストのライブのチケット代を調べると、

・KARA 7500円
・吉川晃司 7560円
・長渕剛 8800円
・9nine 6300円

といった具合。それゆえネット上では、この金額設定について、

「生ける伝説だからね」
「金持ってる世代が対象だもんな」
「これが本当に最後かも+武道館
10万円くらい安いもの」

という意見もあるものの、

「さすがにそこまでの価値は感じないけどな」
「ジョンが生きてたら、絶対こんなことしない!」
「もう十分稼いだろ。
逆に1円とかにしてファンに還元する歳じゃないか?」

など、否定的な見方をする声も登場し、賛否は割れている。

ただし結果的にはポールの戦略は正しかったようだ。SS席を含め、武道館公演のチケットはバカ売れで、現在ヤフオクにはポールのチケットが多数出品されている。ちなみにポールは現在71歳。今回の「超高額でもバカ売れ」の状況に、ネット上では、「こんなに儲かるのなら毎年来てくれるよ」との声も寄せられている。

【参照リンク】
・ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014
http://outthere-japantour.com/budokan/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP